筋トレ

ジムで声をかけてきた2人の女性:番組ADとトレーナー

最近疲労が抜けずウエストもちょっと増え、もっと有酸素運動しなければ、もっと食事制限しなければと筋肉肥大には逆行することばかりで体力も落ちてきたような気がします。先日行った皮膚科クリニックでは「疲労しているのでは」と言われる始末。

ところで毎週平日通っているジムにはいろいろな人が来ますが先日ちょっと変わった人たちが声をかけてきました。

テレビ取材を交渉される

パワーラックでいつものように筋トレをしていると突然横から話しかけてきた女性がいました。何やらジム内をうろちょろしていると思ったら私のところに来たのです。

「日テレのジップですが、今厳しいですか?」と言われたので即「厳しいです。邪魔。」と答えるとスゥ〜といなくなりました。

何の取材なんでしょう。このジムはどちらかというとシニア向けのジムで筋トレ設備も新宿店や渋谷店ほど整っているわけではないのですが、シニアのトレーニングを撮りたかったのでしょうか。よくわかりません。

隣のパワーラックではいつも見かける30前後のガタイのいい男性が日サロで焼いた肌を出しながらスクワットをしていたので撮るならそちらの方をとればいいのにと思いました。

ひょっとしてその男性を斜めから撮るために私が邪魔だったので本当は「ちょっとどいていただけますか」と言いたかったのかもしれません。まあどっちでもいい話。

それにしても「日テレのジップ」っていうのはどこかで聞いたことがあると思ってネットで調べたら毎朝5時台からやっている番組のようです。

その若い女性スタッフは男性カメラマンと一緒にジムに来て目的はわかりませんが何か取材をしようとしていたのでしょう。

それにしても身なりが2人とも小汚ない。日テレと言っても下請け、もしくは孫請けの会社でしょう。2人とも全く生気もなく暗い感じでにこりともしないて周囲を見回していました。

結構重労働なのでしょう。その女性がAD(アシスタントディレクター)なのかはわかりませんが、テレビ局ではADあたりも外に出て取材したりするようです。しかし、ディレクターなんて名ばかりで実質的には何でも屋、雑用がかりなのです。

朝から晩まで働いて何日も風呂にも入れないADも多く、好きでないとできない仕事でしょうね。

JR有楽町駅前ではよくハンディカメラでテレビ取材をしていますよ。ほとんどバラエティー番組かニュース番組のようですが、一様に小汚ない格好をしています。

何れにしてもあの手に関わるのは面倒なことです。

女性トレーナーから声をかけられる

さらに別の日にブルガリアンスクワットをしていると赤いTシャツを着たトレーナーと思われる若い女性が私に声をかけて来ました。

「こんにちは、ご苦労様です。」だったと思います。こちらはどうもその日は体調がイマイチだったらしく1セットだけでも体が重く息も乱れていたので一瞬何を言ったのかわかりませんでした。

それだけ不意をつかれたので無視しているとまた「こんにちわ」と声をかけてきたので、ああまた以前来た若い男性のトレーナーと同じように私の筋トレのフォームについてアドバイスするつもりだな(下記記事)、と思ったので聞こえないふりをすると、「頑張ってください」と言って離れて行きました。

やれやれ、どうして私がブルガリアンスクワットをするとトレーナーが近寄ってくるのだろう、どうもフォームが悪いのか何て首をかしげましたが私は自分でフォームや筋トレ種目を選んで筋トレをするのが楽しみなのでこちらから助言を聞きに行かない限りトレーナーから何か言われることが大嫌いなのです。

だいたいここのトレーナーは有料で無料ではないはずなのですが、よほど暇だったのかもしれないですね。

私は自分で試行錯誤しながら筋肉肥大、筋力アップさせるのが楽しみなのです。ちょうど山登りで登山ルートを考えるのと同じです。計画から登山は始まっているのです。それを勝手にああした方がいいとかこうした方がいいと言われるのは私の楽しみを奪う行為なのです。

それでも気になってまたネットでいくつものブルガリアンスクワットの動画を見ましたが、相変わらず人によってやり方が違うようで全く正反対のことを言っている人もおり、まさに筋トレ界は魑魅魍魎の世界と知ったのでした。

結局別段私のフォームには問題ないとわかりました。だたし3日前に山に行きその翌日ジムに行ったので疲労が抜けれいなかったのでしょう。ちょっとバランスを崩しそうになったので「もう少し軽いダンベルにした方がいいですよ」と言いたかったのかもしれませんが真相はわかりません。

ちなみにブルガリアンスクワットは大股で前足を出して行うとハムストリングと大臀筋に効き、普通に一歩出して行うと大腿四頭筋に効きます。

この時上半身は背を伸ばして少しだけ前傾させます。あまり上半身を前傾すると私のように腰に不安のある人は腰痛になりやすくなるので注意が必要です。

また足幅は肩幅程度です。

よくできるだけ前傾姿勢をすると大腿四頭筋により効果的と言うトレーナーがいますが、それは腰に問題が全くない人への話です。

何れにしても筋トレ中に声をかけられたくないのです。なぜならそこは「私の世界」ですから。

合わせて読んで欲しい記事:

フケ症は軽度の脂漏性皮膚炎だった!前のページ

3か月ぶりの鍋割山・塔ノ岳 in 11/9/2019次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    ジムで故意にマスクをしない高齢者の言い訳は正論か偏屈か

    外出自粛、非常事態宣言解除で徐々に人出が多くなり電車内でも一…

  2. 筋トレ

    クローズグリップ・インクラインダンベルベンチプレスで大胸筋上部狙い

    大胸筋が発達してきたと喜んでいたのもつかの間で、最近はその発…

  3. 筋トレ

    なぜ筋トレが嫌い(苦手)なのか?生物進化から解き明かす!

    日本社会も健康ブームが定着し、トレーニングジムはどこも盛況です。…

  4. 筋トレ

    米軍兵士の筋トレ動画はユニークで参考になる

    今日はジムの日で2分割で筋トレをしているので上半身中心の日と…

  5. 筋トレ

    高齢者の下半身の筋トレはサルコペニア防止と脳トレになる!

    登山は下半身の筋力・心肺機能アップに有効な有酸素運動で、こん…

  6. 筋トレ

    筋トレでいつ頃から筋肉肥大するかはかなりの個人差がある!

    ジムで筋トレをやり始めて5年目に突入しました。登山で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP