筋トレ

 

更新: 2020.02.24

たくさん走ると筋肉はつかない!中野ジェームズ修一さんの話

昨日の高尾南陵経由陣馬山のトレッキング(最近登山というのはちょっと違う感じがしてきた)の影響で今日も筋肉痛が残っています。特に一ノ尾尾根からの下山ではなるべく下りの練習に走るようにしたのでその影響でしょう。

まだまだトレイルランナーのようにリズムよく走ることはできません。

JR新宿駅でトレランのグループを見かける

週末喫茶店でネットサーフィンをしていると時々街中を走るトレランの連中を見かけます。どこ向かって走っているのかわかりませんが、場所から代々木公園か新宿御苑あたりを周回しているのではないでしょうか。

それが今日JR新宿駅南口前で円陣を組んでいるいかにもトレランという感じの若いグループを見かけました。皆さん背中に小さなザック(4リットル程度か)を背負い細身です。ここで集合していたのですね。

高尾周辺の山へ行くには距離・時間を感じるという人たちなのでしょうか。トレランのトレーニングも基本的にはロードを走ることらしいのですが彼らもその一環なのでしょう。

私は山々を走って縦走してみたいとは思いますが、ロードを走りたいとは思いません。基本的に平地を走ることが嫌いなのです。特に街中を。

これだからなかなか山中で走ることが上達しないのかもしれません。筋トレで鍛えるのはあくまで瞬発力が優位な速筋であり、筋持久力が優位な遅筋ではないのです。

しかし、一方で走るすぎると筋肉が分解して落ちるという話はよく聞きますがそれが最近「ターザン」という雑誌を見てさらにその信憑性が高くなってきました。

たくさん走ると筋肉がつかない

筋トレのトレーナーと走ることが大好きなフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんの対談です。

中野さんはプロのアスリートや最近では青学の駅伝のコーチもしているそうで著書も多数あります。たまに本屋でその著書をパラ見するのですがほとんど私が知っていることばかりでした。

しかし、この雑誌ではご本人の体験として

「たくさん走ると筋肉がつかない」

「そのため以前月100km走っていたけど今は週12kmに抑えている」

「そして筋トレは低重量で30〜40回行って1年で筋肉5kgついた」

「しかしその分走れなくなってショックを受けた」

「筋肉がついたことで酸素消費量が多くなったのが原因」

「走ることと筋肉増量のバランスを取るのが難しい」

「目的にあったトレーイングが大事」

有酸素運動における糖質と脂質の燃焼比

これを読んで私もちょっとショックでした。今冬期からほぼ毎週高尾周辺の山をトレッキングしていますが、移動距離は30km/回で週4回とすると120km/月、週3回とすると90km/月です。移動時間は6時間半前後/回。

移動距離は30kmでも実際に走っている距離は2〜3km程度でしょう。あとは基本的に早歩きです。

それでも週3回の筋トレで体重が増えないのはやはりこのトレッキングの影響が大きいのです。

しかしもともとこのトレッキングは脂肪燃焼と脚力・心肺機能アップが狙いなのでその目的は達成しつつあることも確かです。

低負荷な有酸素運動では糖質と脂肪の燃焼は1:1ですが、高強度な有酸素運動(ハァハァでは糖質>脂肪、ゼイゼイでは糖質のみの燃焼)となりますので有酸素運動でもその運動内容により糖質、脂質の燃焼が異なってきます。

まとめ

・私の場合はトレッキングのセーブよりももう少し食事量(タンパク質+糖質)を増やす

・筋トレには心肺機能も必要なのでやはり有酸素運動は継続すべき

・クールダウンと脂肪燃焼が目的の筋トレ後のトレッドミル(低負荷)では筋肉は分解しない

・有酸素運動はその目的に合わせて強度を決める

・有酸素運動をする人は合わせて筋トレをすべき

・中高度の有酸素運動をする場合は筋トレの日と有酸素運動の日を分ける

ちょっと走ること(有酸素運動)と筋肉肥大について考えさせられた記事ではありました。

暖かい高尾山口駅〜南陵〜陣馬山〜藤野駅縦走in 2020/2/23前のページ

日本に100万人いる知的障害者とその父親の喫茶店内での行動次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    中高年太りのお腹は腹筋では引っ込まない

    今日の筋トレは、筋トレ50分、トレッドミル40分でした。午前…

  2. 筋トレ

    筋トレ初心者・シニアは高重量より広い可動域を意識すること

    アイキャッチ画像出典:EXTRY昨日のジムは下半身中…

  3. 筋トレ

    フロントランジで腰部の痛み!中臀筋の関連痛にはストレッチ

    出典:サロモンジムで下半身の筋トレの日。いつものよう…

  4. 筋トレ

    筋トレ後なぜ眠くなるのか

    私は午前中遅くに筋トレを開始してジムから出ていつのも和食屋で少し遅め…

  5. 筋トレ

    加齢による筋肉量の低下(サルコペニア)の原因とその予防法

    今日は、加齢による筋肉の低下のしくみについてお話しします。…

  6. 筋トレ

    フロントランジでの左膝下の違和感はジャンパーズニーか

    アイキャッチ画像:Greenfieldジム解禁後徐々…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP