社会

バーやナイトクラブでのコロナ集団感染と日本企業の接待文化

アイキャッチ画像:NOKKTON

日本のプロ野球選手や海外のプロサッカー選手が感染したりお笑いタレントの志村けんさんまでがコロナ感染死亡し、東京都の感染者が日に日に増加するなどとどまることを知らない新型コロナウイルスです。

バーやナイトクラブが集団感染源か?

さらに小池都知事がバーやナイトクラブへの入店自粛を訴えていました。

職種を指定いるということはこれらの飲食店が集団感染源であると言いたいのでしょう。

感染ルート不明の感染者が多くなってきたのは、感染者への聞き取りでこういった夜の飲食店への入店を話したがらないからなのでしょうね。

バーというのはおそらくガールズバーのことでしょう。一般のバーのスタッフは男性ばかりでそんなに密集度は高くないはずですから。(例外もあり)

それにしてもこんな状況でよくバーやナイトクラブへ行くと感心します。

無職になった私は全くこれらの飲食店にはとっくに興味がなくなっていますが、勤め人にはまだまだ未練がある場所なのでしょう。

ただしこれがもし会社の接待だったとするならその会社はもうアウトでしょうね。良識を疑います。感染が発覚したならば東京都は社名くらい公表してもいいのでは。

私は会社員時代もともとゴルフ接待が大の苦手(というよりもともとゴルフをしない)なので私がいた外資系の会社では日系企業のような接待文化がなく多いに助かりました。

それでも接待費が非常に少なく大切なお客の慰労のための飲食ではお店選びに迷ったことを思い出しました。

しかし今から考えると日系企業に比べて財務上・心身の健康上から言っても非常に健全だったのです。そして私自身「接待」というものに対して考え違いをしていたのでした。

これを機に日本の会社の接待文化を見直したらどうでしょうか。

そもそも接待とは?

「接待」は「客をもてなすこと」を意味しますが、四国のお遍路さんの世界では「お接待」というようです。

この「お接待」は行き交うお遍路さんに茶を振舞ったり、行倒れになった場合は無償で介抱したり亡くなった場合はお寺に埋葬してあげたりする行為です。

これは一種のお布施の行為となります。

これに対して会社の接待は「取引先に対してゴルフや飲食店でもてなすこと」を意味します。

会社の接待にはお互いが気心が知れてより親密になってコミュニケーションがスムーズにいくというメリットがありますが、本来接待は「相手を思い図ること」から始まるはずです。

それが日本の接待では高級料理店で飲み食いさせたりゴルフで接待すれば相手をもてなしていると勝手に思っているようです。

「もてなす」と「おもてなし」の違い

接待が相手をもてなすことならば、「もてなす」ということはどういうことなのでしょうか。

「もてなす(持て成す)」

・物事をとり行う。

・処理する。

・饗応する。

・ご馳走する。

なんていう意味になり、そこには何かの利益を得るための行為にも使う場合があるようです。

それでは「おもてなし」も上記の「もてなし」と同じ意味になるのでしょうか。

「おもてなし」

どうも「おもてなし」という場合は単に会社の接待でもてなすという意味とは異なるようです。

「おもてなし」とは、ちょっと仏教的になるのか「相手の心に寄り添う」「相手の気持ちをよく知る」ということになりそうです。

つまり「おもてなし」とは「あまり見返りを求めない行為」なのです。

ここで「あまり」というは、お遍路さんに対する「お接待」でもお布施という行為で言えば、この無償の行為によって「自分はちゃんと成仏できるのだ」「天国へ行けるのだ」という発想があるのであれば完全な「見返りを求めない行為」「無償の行為」とは言えないのです。

しかし「おもてなし」には会社の接待のもてなしより「相手の心を思い図る様子」がより強く伺われ自分の利益(見返り)よりも相手への敬意があります。

そのため会社の接待は明らかに見返りを求めているわけですから「おもてなし」とは言えないのです。

日本企業の接待のデメリット

出典:GoLFavo

日本の会社の接待では相手(取引先)からの見返りを求める行為ですから損得勘定が入り、こんな新型コロナ感染で大問題になっている今の日本で接待行為をする企業があるのであれば企業体質を問われることになります。

さらに会社接待には下記のようなデメリットがあります。

・接待する方される方も接待によりプライベートな時間を消費してしまう

・特に家庭持ちは家族との共有時間の喪失

・過度な飲酒で健康を害する

・取引先への接待と個人の飲酒を混同しやすい土壌を生む(公私混同しやすい)

・取引先も接待を受けたいと思っているとは限らない

・企業接待は「賄賂罪」に当たる可能性がある

・企業接待は買収行為である

・体育系のおバカ社員が接待担当(班)として社内にはびこる

・接待ゴルフのためやりたくもないゴルフの練習する必要が出てくる

・お酒が飲めない体質なのに無理やり飲まされる(パワハラ)

・会社によっては女性が接待係として駆り出される(セクハラ、パワハラ)

まとめ

・日本人は遺伝的にお酒に弱い(アルコール分解酵素が少ない)

・日本は酔っ払いに寛容過ぎる

・会社の接待は大事なプライベート時間を喪失してしまう

・接待は家庭崩壊につながる(定年になって家族から相手にされなくなる)

・接待はセクハラ、パラハラにつながる

・接待は買収行為、賄賂罪につながる

・この新型コロナ感染時期に夜の飲食店での接待により感染した場合、感染社員の会社名は公表すべき

・酒はほどほどにしてして体を鍛えよう

・「接待」は相手を思い図ること(全ての相手が飲食をしたいとは思っていない)

・「おもてなし」はほぼ相手に見返りを求めないこと

・接待は双方にとって限りなく時間の無駄使いである

志村けんが新型コロナ肺炎で死亡!高齢者に見る死因ベスト5前のページ

マスク2枚でミソをつけた安部首相!コロナで現金支給するなら次のページ

関連記事

  1. 社会

    物事の判断基準が善悪ではなく損得!やっぱり厄介な隣国韓国

    韓国との交流を始めて35年という日本の女優黒田福美さんのデジタル記事…

  2. 社会

    コロナ対策でタリーズはマスクなしでは店内飲食ができない!

    普段午前9時前に外出し電車に乗ってジムや喫茶店に行くのですが…

  3. 社会

    日本人による国内での人種差別は様々でさりげなく無自覚です

    アイキャッチ画像:ウィキペディア前回コロナウイルスか…

  4. 社会

    国際男性デーで考えた日本の男性の重荷と女性の社会進出

    デジタルニュースを見ると今日は「国際男性デー」という日らしい…

  5. 社会

    オーストラリアのカンガルー猟問題から見る先進国の虐殺問題

    オーストラリアは観光やワーキングホリデーなどで日本人にも馴染…

  6. 社会

    中国のクロスカントリー大会事故と日本のトレイルランニング

    アイキャッチ画像:新華社5月22日中国甘粛省の黄河石…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP