筋トレ

右股関節に痛みが走るも45度レッグプレスで一発164kg挙上

アイキャッチ画像:QITANO

今日は2週間ぶりの渋谷店で胸と脚トレの日です。

雨だった日曜日は肩と背中の日だったのですが別件でブログを書くために中止しました。

結局アイデアがまとまらずブログも中止し無駄な日曜日を過ごした気がします。

心機一転で今日は張り切って筋トレを始めたのですが….

45度レッグプレスで右股関節の痛み

出典:町田BMC整体院

脚トレの一発目は45度レッグプレス。これをやるためにわざわざ渋谷店に来ているようなものです。

1セット目:134kg(重り無し重量54kg) 8回

2セット目:144kg 8回

3〜7セット目:154kg 5回〜8回

8〜9セット目:164kg 1〜3回

1セット目から前太もも(大腿四頭筋)を胸につけるまで脚をたわめようとしたのですがその手前で右股関節に痛みが走り脚を上げざるを得ませんでした。スクワットで言えばパラレルとボトムスクワットの間のフォームですがフルボトムまでは行かなかったのです。

可動域を考えるとやはり前太ももが胸に付くくらい脚をたわめるのが良いとされます。

この状態がずっと続き右股関節の硬さが改めて認識させられました。

かなりストレッチをやっているのですが右股関節の硬さは非常に頑固です。

最終の164kgでのレッグプレスも脚の筋肉はもっと重い重量はイケると言っているのですが右股関節が痛がってギブアップしてしまいました。

内転筋、臀筋や股関節周りの腱・靱帯が硬いのかそれとも股関節の骨盤と大腿骨骨頭の組み合わせに問題があるのか。イマイチまだ理解できていません。

徐々に慣らしていくしかありません。

スミスマシン インクラインベンチプレス

パーソナルトレーニングで使用中だったのでインクラインダンベルプレスから入りました。

メインはインクラインベンチプレスなので18kgでアップをして24kgで本番。

重い。相変わらず月曜日は胸トレはダメですね。24kgでオン・ザ・ニーをすると左手が振れてベンチから落ちそうになりました。

左腕の力がかなり衰えていると感じます。大胸筋も左胸下部が右胸に比べて発達していません。

左右差があるとダンベルの挙上はバランス取りが難しくなります。

ダンベルプレスはどんどん挙上重量が落ちて行くような気がして悲しくなります。原因がわからないのです。

もっとも体重減で筋量も落ちたことははっきりしているのですがどこの部位の筋肉が落ちたのかはこれまたわからないのです。

さて私の好きなのインクラインベンチプレス。

重し無し重量(バーとケーブルの重量)は11.3kgなので少し中途半端な重量設定になります。

1セット目:41.3kg 8回

2セット目:46.5kg 7回

3〜7セット目:51.3kg 6回、6回、5回、5回、4回

こちらもあまり調子がよくありません。

初めてスミスマシンを使用したときは簡単に60kgは行くだろうと思っていたのですがなかなか。

あるフィジーク選手がベンチプレス100kgを挙上できるかどうかはテクニックの問題と言っていましたが60kgも挙上できない私はテクニック以前のような気がします。

スミスマシンを使用して以来左の前腕に筋肉痛がでてきました。挙上フォームが悪いのか。肩トレのリーニングアウェイサイドレイズの影響もあります。

これもイマイチ。

締めで20kgでダンベルフライを8回x4セット。これも以前は22kgでやっていました。

まあ体調によって挙上重量が異なるのは当たり前なのですがそれが月曜日に集中しているのがわからないのです。中2日休養を取っているのにも関わらず。

そのほかのトレーニング

アブダクション 49kg 20回x4セット

アダクション 35kg 15回x3セット

ウォーキングランジ 15歩x2x3セット=90歩

脚トレの締めでやるウォーキングランジは1セット目からガタガタでした。ここでも股関節が痛くて後ろ脚の膝を床に付くくらいに腰を落とすことができません。一歩一歩がフラフラ歩きでした。

これは2週間振りのウォーキングランジだからでなく最初にやった45度レッグプレスの影響です。

ディップス 自重 10回x3セット、8回

調子は良かったですね。胸トレで三頭にあまり入らなかったのかな。

壁ドン立ちコロ 10回x3セット 

少しですがストッパー代わりにしていた壁にぶつからなくともアブローラーを元に戻すことができるようになりました。

トレッドミル 10%傾斜@4.3km/h ウォーキング 30分。

別段脚が痛むことなく30分やりました。45度レッグプレスの影響はなかったようです。

終わりに

今後の課題として

・股関節の柔軟性を高める。特に右股関節。

・スミスマシンでのインクラインベンチプレスとショルダープレスのフォームの再考。

今までレッグプレスは水平式でしたがこんなにウォーキングランジで脚がガタガタになることは初めてウォーキングランジをしたとき以来ありませんでした。特に今日はレッグエクステンションもやっていないのにも関わらず、です。

やはり45度のほうが水平式より下半身に効果的なのでしょうか。しかしトレッドミルでは脚や股関節への痛みは全くありませんでした。どうもよくわかりません。

自分の身体なのによくわからないことが多いというのも問題といえば問題ですが、面白いとも言えます。

レッグエクステンションは休止中ですがこれが脚にどう影響するかはもう少し様子を見る必要があります。

筋トレの日数・種目・やり方を変えて以来挙上重量が落ちました前のページ

新宿のK’s cinemaで観た「シャアの法則」は予想外だった次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    変形性膝関節症後の下半身の筋トレの進捗状況

    アイキャッチ画像:uFit2日前に2回目のワクチン接…

  2. 筋トレ

    初めての便秘薬は効果絶大も45度レッグプレスは振るわず

    便秘が加速しています。つい先日朝によ…

  3. 筋トレ

    長引く左肩の痛みに痺れを切らして鍼灸院へ行ってきました

    左肩の痛みが起きてきてからすでに7ヶ月が経ちました。…

  4. 筋トレ

    左肩の痛みはディップスが原因か?ディップスフォームの修正可能点

    最近また左肩が少し痛むようになりその原因は何か考えていました…

  5. 筋トレ

    懸垂で10kg加重が5kg加重まで落ち込んでしまった原因は?

    アイキャッチ画像:R&Lインクラインダンベル…

  6. 筋トレ

    登山・筋トレを始める前と現在の体形の変化で考えること

    日々の筋トレの中で時々考えることがあります。筋トレを始めた頃…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP