社会

 

更新: 2021.05.14

新型コロナワクチン接種予約に殺到するお元気な高齢者たち

アイキャッチ画像:毎日新聞

新型コロナワクチンの接種が医療従事者から始まり現在は65歳以上の高齢者の接種も始まっています。

未だワクチンの数に限りがあるので予想通り?の大混雑。

さらに高齢者でもなく医療従事者でもない各自治体の長が住民を差し置いて一足先に接種したことがメディアで次々に取りざたされています。

予約電話がパンクしているので市役所に並んで待つ高齢者たち。

また大阪の茨木市では徹夜で並ぶ高齢者が多数いました。

その後国のワクチン接種のやり方に問題があったと河野太郎担当大臣が「完全に私の責任」と発言。

しかし私が指摘したいのはそこではありません。医療従事者や高齢者は待っていれば一般の人よりも早く必ず接種できるはずです。

それを何を慌てて我先に予約して接種しようとしているのでしょうか。

立って並んだり徹夜するほどお元気なのに。

通常どの病院でも多くの高齢者が来院します。あっちが痛いこっちが痛いの年齢になるとそれが顕著になり複数の病院へ通うことになります。

しかし現在病院には一般の患者が減っています。なぜなら病院へ言ってコロナ感染したくないからです。

それでも通院できなくて死んだという高齢者の話は聞きません。

つまり本来それほど病院へ行かなくても済む高齢者が多数存在するということです。

昔「元気な老人は病院へ行き、本当に病気の老人は自宅にいる」という小話がありましたがそれは今でも生きているようです。

それと同じことが今回のワクチン騒動でも言えます。

元気な高齢者ほど早く接種しようとせっかちな行動を取っているのです。

かつてコロナ禍で10万円の特別給付金が支給されるときオンラインや郵送で手続きが取れるところ、オンラインの方が早く手続きが取れて入金も早くなると信じた高齢者がいました。

しかし不慣れなオンライン手続きでパスワードを何度も間違え「ロック」してしまい手続きができなくなって役所にクレームを入れる高齢者が後を絶たないという話。

このことは下記のブログでも書いています。

黙って待っていればいいものを役者へ殺到するこの厄介な高齢者

今時の高齢者はお元気なのですが「老人性せっかち症」を発症しているのです。

今回のワクチン接種、本当に接種が必要なのはこれらお元気な高齢者なのでしょうか。

考えてしまいます。

やっぱり週刊文春に狙われていた上目線の日本医師会中川会長前のページ

日中の路上飲酒を見て思ったコロナ禍の東京オリンピック開催の是非次のページ

関連記事

  1. 社会

    日本国民が嫌いなのは中国人よりも中国共産党と王毅外相

    アイキャッチ画像:ニューズウィーク日本版新型コロナ対…

  2. 社会

    知的障害者は電車でマスクをしなくてもいいの?

    関西だったと思いますが、つい最近電車に乗っていた高齢者がマス…

  3. 社会

    九州の豪雨に見る毎年同じことを繰り返す日本の自然災害

    アイキャッチ画像:日本気象協会九州地方では未だに記録…

  4. 社会

    格闘技系スポーツ指導者はなぜ竹刀を持ちたがるのか

    東京オリンピックの開催をめぐって未だ賛否両論あるなか、また指…

  5. 社会

    コロナ禍における飲食店の明暗と中小企業の行く末

    先日の丹沢山のピストンでまだ筋肉痛の残っていた昨日、本屋で月…

  6. 社会

    相変わらず覇気がなく原稿棒読みの菅首相!日本は大丈夫?

    アイキャチ画像:朝日新聞まだまだ増殖中の新型コロナ感…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP