筋トレ

最近見かけるスポーツジムのおかしなユーザーたち

現在のジムはコロナ禍の影響で相変わらず2つあるスタジオの1つはフリースペースでストレッチ専門の場所となっておりオバちゃんたちが少なくて静かで助かります。

マスク使用での筋トレやトレッドミルも大分慣れてきました。

私がジムに行く時間帯は午前から午後に掛けてですのでフレックスタイムの会社員か学生か自営業かわからない若い連中を除けばほとんどシニアです。

今日は下半身中心の日で上半身の筋トレを含めて80分程やったせいかかなり疲労感があり頭が機能しません。

というわけで今日は最近見かけたおかしなジムのユーザーについてお話します。

長身のサッカー小僧?

身長182、3cm、体重70kg程度の長身で細身の若い男性を最近見かけるようになりました。

軽いダンベルでなんだか色々やったりしていますが私から見てもどこを鍛えたいのかわかりません。

両手に軽いダンベルを持って鏡を見ながらシャドウボクシングの真似をしています。(山本義徳さんの動画ではジムでの意味のない筋トレの一つに入っています。いわゆるおバカトレーニーというやつです。)

さらに60kgのバーベルをサポート(支持台)に乗っけてそのバーを両手でつかんで脚を伸ばして腓腹筋(ふくらはぎ)伸ばし(アキレス腱伸ばし)をやったりしてなかなか筋トレに進みません。

結局ベントオーバーローイングをやったようですがもうお遊びといった感じで混んでいたら周囲から早く退けてくれないかなと言われそうです。

筋トレで明確にどこを鍛えたいという意識がないのか鍛えたい部位があるけどどんな筋トレをしたらいいのかわからないといった感じです。

しかしなかなかパワーラックから離れず次に何をやりだしたかというとあまり空気の入っていない小さなバランスボールをサッカーのように大きな鏡に向かって何度も蹴り出したのです。

こいつはサッカー小僧か?何だか段々イライラしてきました。

最近の金曜日の筋トレコーナーは結構混むのですが今日は空いていて静寂の中でできると思っていたらこんな雑魚が来たのです。たまにこの手の若者が来るのでだいぶ慣れましたが。

上半身の筋トレに熱心なシニア

身長177、8cm、体重70kg程度の白髪のシニアをよく見かけます。私と同年代のように見受けられます。

とにかく毎回ダンベルで上半身の筋トレをしています。下半身はこれまたダンベルを使ったスクワットやデッドリフトをやっているのを1、2度見かけたことがある程度です。

しかし非常に熱心です。私が覚えているだけでも下記の種目をやっています。

・インクラインサイドレイズ(山本義徳式)→三角筋中部狙い

・インクラインリアレイズ(山本義徳式)→三角筋後部狙い

・インクラインダンベルフライ→大胸筋上部狙い

・インクラインスウィング(山本義徳式)→三角筋狙い

・クローズグリップ・インクラインダンベルプレス→大胸筋上部もしくは上腕三頭筋狙い

・インクラインダンベルプレス→大胸筋上部狙い

・インクラインショルダープレス→三角筋中部狙い

・サイドレイズ→三角筋中部狙い

私が目に付いただけでも上記の種目がありました。

ほとんどインクラインでやっておそらく筋トレ動画をよく見て研究しているのでしょう。

ショルダープレス以外全部10kg以下のダンベルを使用していますが毎回同じ種目を重量を変えてすべてやっているようです。また毎回セット数や回数をメモしているようです。

非常に熱心ですが筋肉肥大が目的であればちょっと軽すぎるように思うのですが所詮人のやっていることですから何も言いません。

というか我が身を振り返ると筋トレ4年目になってようやく筋肉が肥大してきたすから人にとやかく言える立場ではありません。

私の場合は1年目からそれぞれの部位が筋力アップしているのは実感できたのですが3年間ほとんどの部位が肥大しませんでした。

その間筋持久力はアップしウエストが3cm締まり体重も3kg減り体は締まって細マッチョに近くなってきたのですが。

ダンベルサイドベントだけするハゲ親父

私が筋トレを終了する頃に筋トレコーナーへ来る70歳前後のハゲ親父がいます。このつるっ禿げの親父もよく見かけるのですが普段はマシンを使っているようでフリーウエイトコーナーにはサイドベントだけにやってきます。

起立したフォームで16kgのダンベルを片手でも持って横に体を曲げて腹斜筋を鍛える種目です。

以前は私の後方に立ってこれをやっている時が多かったのですが私は筋トレ最中に私の後ろで何かやって動くのは気が散るのでかなり閉口していたのですが最近私の近くでやらなくなったのでホッとしています。

ロッカー室で出会う80歳前後の独り言ジイさん

私がシャワーを浴びてロッカー室で着替えようとする頃にやってくる80歳前後のジイさんがいるのですがこのジイさんは何やたブツブツ独り言を言いながら着替え始めるのです。

もうお歳なので椅子に座りながら着替えるのですが靴下を脱ぐだけでもハァハァと言いつつまた何やらブツブツ言っています。

このジイさんはジムに何をしに来るのか不思議に思います。時々サウナや風呂だけ入りに来るユーザーがいるとスタッフに聞いたことがありますがこのジイさんもその口なのでしょうか。あるいはマッサージ機か。

ステテコを履いていたのもこのジイさんだったような気がします。

私ももしあと20年生きていたらこんな感じになるのかなぁ。いつもこういうジイさんを見るたびに長生きしたくない、早く死にたいと思うのです。

しかしステテコって何の目的ではくのでしょうか。私の父親も履いていた記憶があるのですが季節は夏だったような気がします。そういえばユニクロでもステテコが売っていました。でも冬に売っていたような。

まとめ

普段より20分長めの筋トレ、それも下半身中心の日だったので疲労感がかなり出ました。体力がないだけと言われればその通りなのですが。

下半身の筋トレの締めでジャンピングスクワットをやろうと思ってやったのですが一回で膝が笑ってダメでした。ダンベルブルガリアンスクワットが効いていたのでしょう。

左脚に力を入れると左膝外側の腸脛靭帯が浮き上がって見えます。以前は見えなかったのですが。右脚も同様です。これってこの靭帯が太くなったということなのでしょうか。イマイチよくわかりません。

ただこの腸脛靭帯が少し座って立ち上がると痛むようです。ただその痛みが膝周り全体に感じるようになってきてまた脳が騙されているのかなと思っています。

筋トレのときは何も問題ないのが不思議なんですよね。座るとダメ。

この左膝をなんとかしないとおちおち登山ができません。

椅子から立ち上がると膝裏外側が痛くなる理由とその予防法前のページ

左膝外側の痛みが解消!効果絶大だったふくらはぎの筋肉はがし!次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    肩トレを週1から週2にすると大胸筋と三角筋に新たな刺激が!

    アイキャッチ画像:uFit肩トレを週1から週2に増や…

  2. 筋トレ

    左膝裏の痛みの原因は下腿外旋症候群による膝窩筋炎だった

    筋トレ、傾斜のあるトレッドミル、登山をするたびに左膝…

  3. 筋トレ

    「筋肉肥大は50〜60%しか筋力に貢献しない」というのは本当か

    相変わらず月曜の筋トレは挙上重量が低いまま停滞しています。…

  4. 筋トレ

    登山の上り・下りで疲労する筋肉とその筋トレ対策

    アイキャッチ画像:salomon最近ウエストが増えた…

  5. 筋トレ

    またジムにマナーの知らない外人が来た

    今日もいい天気。ジムへ気持ちよく行きましたが、また新手のマナ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP