筋トレ

 

更新: 2019.07.10

筋トレ動画はおバカが9割!推奨したくなる筋トレ動画は?

ジムで週3回筋トレをしています。登山のために下半身を鍛える必要があったからですが、今では上半身も鍛えています。58歳から始めた筋トレですので無茶はできません。筋肉より関節が損傷してしまいかねないからです。

最初は筋トレとトレッドミルで体が絞れてきてその後少しずつ筋肉がついてきたという感じです。最初は筋肉肥大よりも筋力がアップすると言われています。シニアになって筋トレを始めた人でも焦らずじっくりやってください。必ず筋肉はつきます。

当初はどうすれば筋肉肥大するかなどよく分からず試行錯誤の連続でそれは今も変わりません。

正しいフォームで行う必要があるのですが、人によって骨格の長さ、つき方が違うのでどれが正しいとは言えないのです。人それぞれにあったやり方を探すしかありません。そこがまた筋トレの面白いところです。

私は30代半ばから腰痛持ちなのでスクワットやデッドリフト、ベントオーバーローなどはできません。もろに腰を痛めてしまう可能性が高いからです。実際にバーベルスクワットで右腰を痛めてしまいました。大した重量でもなかったのですが。

過去には、腰以外にもデップスで右肩、アイソメティックプレートプレスで左手首、ステーショナリーランジで左足首、現在はダンベルフライで右肘を痛めています。

こういった時には時々ネットの動画(you tube)で筋トレ種目のフォームを確認したりしますが、今まで色々な筋トレ動画を見ましたが、なんとも言えずおバカな動画が多いのです。

筋トレ動画はおバカが9割

俺様上目線な態度    

一番この手の人が多いです。体型はマッチョタイプ。年齢は20〜30代の男性。

自分はこのように筋肉がでかいけど、筋肉肥大しないお前らに俺が教えてやる、みたいな上目線の感じで解説?します。それがいかにも得意げに話すのでおかしくなってきます。多分本人は自覚していないと思います。内容はイマイチで口調も丁寧に言おうとしても結局地が出てタメ口になってしまいます。はじめからタメ口というのもあります。まるでヤンキー。もう自分の筋肉肥大した肉体を見せたくて見せたくてしょうがないというのを醸し出しています。まさに筋トレおバカの代表格です。

覆面で解説

なぜか覆面をして動画に出ています。顔を出すと私生活に支障が来るのか、それともシャイなのか。お面だったりプロレスラーのマスクだったり色々です。

体型は比較的マッチョになりかけの人が多いのですが、華奢な人もたまにいます。年齢も不詳です。そしてほとんど自宅での動画です。

自宅にパワーラックやベンチを用意して筋トレの解説をするのですが、説明が不十分でイマイチ信憑性が欠けるのはそのマスクのせいだけではない感じがします。自分に自信がないのかも。でも表に出たいタイプ。なんか動画自体が全体的に暗いんです。

華奢な体型で解説

なんともどうしてこんな人が筋トレの動画に出てくるのかと思いたくなるような色白で華奢な体型。20〜30代の男性。

一体どこに筋肉が付いているんだと言いたくなる人が自宅の押し入れの前でホームセンターで買ってきたような懸垂ラックで懸垂のやり方を説明したりしています。このタイプもあまり顔を見せません。内向的な目立ちたがり屋か、ニートで単なる広告収入狙いかもしれません。何れにしてもみる価値ゼロ。

内容が薄い(古い)年配のジムオーナー、トレーナー

時代遅れなジムのオーナー兼トレーナーというパターンがたまに見受けられます。画面はジムであったりどこかの一室であったりします。体型はとっくに現役を引退したプロ野球の解説者といった感じ。全体の雰囲気は中小企業のオヤジ。トレーニングウエアもダサい感じ。

自分では筋トレをせずアシスタント(生徒?)を使って解説します。しかし、その説明の仕方がダラダラした口調で明確でなく、内容もすでに知っていることばかり。古いんですね。

古いといえば、根性論をふりかざす年配ジムオーナーもいます。見ているこっちがそんなやり方では腰を痛めると思っていてもお構いなし。筋トレをしているアシスタントがかわいそう。やっぱりその動画を見ている人から非難のメール(コメント)が入っていました。こんなジムには行きたくないですね。

みんなで筋肉体操

筋トレ動画ではありませんが、NHKの「みんなで筋肉体操」。地味に評判です。(放映の目的は何だろう?と考えさせられます)

昔、NHKでショートパンツの体操着を着た妙に肉感的な女性3人が体操する短時間番組がありましたが、どうもNHKはこういうのが好きなのかな。

俳優の武田真治が出演しています。何がやりたいんだろう。自分の人生の方向性に悩んでいるようです。

推奨したくなる筋トレの動画

一方、見ていてよく分かるという動画もごくわずかですがあります。

それはSPM KOTOです。加藤さんという40歳前後と思われるジムのトレーナー(多分まだオーナーではないと思います。)がいますが、この人の解説は、非常に丁寧で驕ったところがなくわかりやすいのです。女性が見てもわかりやすいと思います。

顔は童顔で体型はマッチョタイプ。過去ボディビルのコンテストにも何度も出たことがあるようです。

単に筋肉肥大の方法だけでなく、故障した場合の対処、ダイエット方法など多岐にわたります。

筋トレに興味がある方は一度是非アクセスしてみてはどうでしょうか。

その他筋トレ入門者には「筋トレキャンプ」(旧筋トレぴろっきー)もいいかもしれません。筋トレの種目・方法・効果などを幅広くかつ詳しく解説しています。筋トレの説明に海外の動画を使っている場合もあります。(情報はちょっと古く感じる時もありますが、更新はしているようです。)

登山で膝の外側が痛い!私の腸脛靭帯炎の原因とその対処法前のページ

筋トレとアルコールと老化である日ポックリ逝く次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    ジム解禁になって2回目の筋トレ!下半身中心の今日はまさに苦行

    今日はスポーツジムが営業解禁になってから2回目の筋トレです。…

  2. 筋トレ

    大胸筋がなかなか肥大しない人のためのtaoプレートプレス

    出典:トレナビ.com最近大胸筋の発達が低迷していま…

  3. 筋トレ

    ジムでのマナー

    今日はジムの日です。月、水、金は新宿方面のジムで筋トレ中心、…

  4. 筋トレ

    インナーマッスルの働きとその低下による症状

    広く一般にインナーマッスルという言葉が認知されてきましたが、…

  5. 筋トレ

    渋谷のジムで試した加重ドロップランジは大腿四頭筋に効果あり

    昨日ジムにトレーニングウエアと着替え一式を忘れてしまって筋ト…

  6. 筋トレ

    筋トレでいつ頃から筋肉肥大するかはかなりの個人差がある!

    ジムで筋トレをやり始めて5年目に突入しました。登山で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP