社会

 

更新: 2021.01.9

コロナ感染拡大から見える日本は戦争すれば負ける理由

日本政府が新型コロナの対応について経済中心か感染防止中心かはっきり方針を決めることができずんフラフラしている間に感染が拡大し「医療崩壊だ」と医療従事者とメディアがわめいているのが現状です。

国民は新型コロナ感染拡大よりも政府代表である菅首相が何を言っているのか明確に伝わらず、覇気がなく、弱気で、自信のなさそうな発言が一番不安なはずです。

こんな首相でコロナ感染を本当に抑制できるのか、と。

そして次に不快なのが日本医師会の発言です。

医療崩壊の原因に日本医師会の存在

医療崩壊と騒ぐだけで今まで一体どんかコロナ対策をするのかまるで見えてきません。政府(自民党)に対する非難ばかりですが、結局新型コロナ対応している病院はほとんど公立病院であり民間の病院は非常に少ないのです。

これは以前ブログにも書きましたが政府は法律で公立病院へ新型コロナ感染対応を指示できますが、民間病院には「お願い」しかできないのです。

また日本医師会は半数近く勤務医もいますが執行部は全て開業医であり、「基本的に開業医の集まり」と言っていいでしょう。

したがって日本医師会の発言は開業医の発言であり、全国の民間や公立の病院の勤務医の発言とも異なるのです。

自民党にとって日本医師会は大きな組織票であり多額の献金を出す重要な「顧客」です。

そのためあまり大き民間病院に対して「コロナ感染者を受け入れろ」とは言えないのです。

政府と日本医師会の対応が医療崩壊に貢献していると言っていいでしょう。

医療崩壊といっても新型コロナ感染者に対応している医療従事者は日本全体では極一部なのです。

世界でも指折りの病床数を誇る日本で何故医療崩壊が起こるかといえば民間病院(日本医師会)が協力しないことも大きな理由の一つになっています。

日本医師会はその弁明として「日本の病床数は中小の病院が多くコロナ対応できる病床が少ないからだ」と言っています。

しかしそれならば第1波が終わった後に第2、第3波に備えて医療設備を充実させておくべきだったのです。

それを何もしないで政府の対応や国民の不適切な行動を非難するだけでは医療従事者のトップとしてかなり問題があります。

また日本のリーダーとして毅然とした対応を求められている菅首相ですが、この人にリーダーの資格はもともとほとんどないのです。

たまたま首相になってしまった人ですから。本来は裏方の人なのに表舞台に立ってしまって右往左往しているのです。

同じことが歴代の日本の首相にも言えます。前首相である安倍さんもコロナ対策失敗で病気が悪化して2度目の途中退任となりました。

誰が首相になってもコロナ対策は失敗していた可能性があります。

日本人はもともとリーダーシップを求めていない

何故なら日本はもともとリーダーシップを取る首相を要求してこなかったのです。

リーダーシップを取る人はどちらかというと強い責任感、実行力、行動力が求められますが裏を返すと独断的、専横的になりがちです。

日本の議会制民主主義では人当たりの良い、いろいろな人の意見を聞く、与党の重鎮から見ると扱いやすい人材が好まれます。

特に戦後は戦争の反省から一個の人間が強い力を持つのを敬遠する傾向があり、これは国民も同様です。

したがって戦後の日本には強いリーダーシップを持つ人が首相になることは非常に稀なのです。

メディアも日本国民も時としてリーダーシップのある人材を首相に求めていますが本当はそういう人間に対しては自然と不安感と危惧感を持っているのです。

また日本の学校教育でもリーダーシップが持てるような人材を育成するような方針をとっていません。

したがってこういう風土からはなかなかリーダーシップのある人材が生まれてきません。

日本の社会ではリーダーらしく何か率先して新しいことをやろうとしても「出る杭は打たれて」しまい、また失敗しても起死回生はほとんどない社会なのです。

そのため失敗のしないように何もしない人間が増え続け、有能な人間は外国へ逃れるか外資系会社に入り、国内および日系会社は人材不足となって結局どんどん他国(外資系会社)に追い抜かれていくのです。

国や会社を単にGDPだけ、売上げだけで見てはいけません。結局は生活しやすい国か、仕事しやすい環境の会社か総合的に判断すべきなのです。

日本は空気を読んで周囲に同調することで一見協調性があって優しそうに見える人間を好む社会です。

また資本主義社会のように見えて成果主義を嫌い、社会主義的にも見える日本です。

それなのにリーダーシップを求めているのですから不思議と言わざるを得ません。

日本の国民は政府に何を求めているのでしょうか。愚かな政治家を選挙で投票したのは国民なのに。

有事(戦争)になれば日本は負ける

何れにしても万一日本が有事になって戦争が起きれば日本は負けること必須です。

なぜならこの新型コロナ感染対応を見れば一目瞭然です。

・海外からのビジネスマンの入国を認め、感染予防の鉄則である水際で対処する発想がない

・Go To キャンペーンでは感染拡大が予想されていたのにもかかわらず感染拡大はしないと楽観的に言い張って拡散させてしまった

・医療崩壊は第1波で想像できたはずなのにその後何も医療システムの改革をしてこなかった

・感染専門家の意見を十分に理解せず経済回復のみに特化してしまった

・5人以上ん会食はなしと言いつつ自分たち(政治家)だけは会食をして今尚改めようとしない

・国内外の感染状況を考慮し東京オリンピックなど即刻中止すべきなのにもかかわらず全く問題ないと言い張る

以上から日本の政治家は下記のような特徴があります。

・現実(データ)の分析能力がない

・論理的思考及び発言能力がない

・非科学的である

・直情型性格である

このような性格からでは有事の際には日本が優位に立てるような適切な判断ができず日本を誤った方向に導きやすいのです。

現在中国や朝鮮半島がきな臭くなっていますが、今の状態で日本が戦争をしてもろくな結果にはならないでしょう。

トレーニング中のマスク着用で習慣化する口呼吸による悪影響前のページ

成人の日の意義とは何だろう?もはや成人式なんて不要!次のページ

関連記事

  1. 社会

    何とかならないか!歩道や車道での自転車の傍若無人ぶり

    私はかねてより外出するたびに気になっていることがあります。…

  2. 社会

    ワクチン接種の遅れは政府がもともとワクチン接種が嫌いだから

    緊急事態宣言下にある東京や関西の主な府県は1回目の緊急事態宣…

  3. 社会

    とうとうコロナで登山用品店でもマスク販売を始めている

    緊急事態宣言の延長が首都圏を中心に決まりました。新型…

  4. 社会

    アフガンで中村哲医師がテロの銃弾に倒れ死亡した記事で思い出した事

    アイキャッチ画像:朝日新聞12月4日NGO「ペシャワ…

  5. 社会

    相変わらず覇気がなく原稿棒読みの菅首相!日本は大丈夫?

    アイキャチ画像:朝日新聞まだまだ増殖中の新型コロナ感…

  6. 社会

    よくある住宅ローンの破綻!最近はコロナ禍が原因で増加中!

    住宅ローンの破綻がまた増加しているようです。もちろん新型コロ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP