筋トレ

ジムで20代女性のバーベルスクワットを使ったHIITに感嘆しました

アイキャッチ画像:T.I.S.

週3回ジムへ行っています。

同じ曜日、同じ時間帯に行くので常連の人たちを見かけることが多くなります。年齢も若い世代から高齢世代まで様々です。

しかし今日もジムへ行く日でしたのでいつものようにパワーラックを予約して筋トレをしていると初めて見るトレーニーが来ました。

20代女性のHIITの心肺機能の高さに驚く

20分程筋トレをしていると隣のパワーラックに長い髪をした長身の女性がきました。初めて見るトレーニーです。

身長 175cm、体重も見た目は細身ながら60kgはあるのではないでしょうか。

12kgのダンベル2個を持って肩の腕まで持ち上げてバービージャンプをしたり、腕立て伏せをしたりし始めました。

それもインターバル中もベンチで休憩せずウォーミングアップをするときのような軽い運動を休まず続けています。

その後50kgのバーベルを使ってフロントスクワットとバックスクワットをやりはじめました。

これらもインターバル中も休みなくウォーミングアップのような運動をしています。

これらを数セットやった後に今度はバーベルバックランジ をやりはじめ、全く休憩することがありません。

なんとせわしない筋トレをしているなと思いましたが、まもなくああ一種のHIITをやっているのかと思い至ったのです。

HIITは高強度インターバルトレーニングのことで中軽度の筋トレと有酸素運動を合体させたトレーニングで筋肉量を落とさないダイエット(脂肪燃焼)には最適なトレーニングと言われています。

通常せいぜい20分程度のはずですが、これを1時間以上休むことなく続けているのです。

そこで私は恐ろしく心肺機能の高い女性だなと思ったのです。おそらく何かスポーツをしているはずです。

50kgのバーベルスクワットを使ってずっと筋トレを続ける筋力もさることながら息が上がることなく1時間以上も継続してできる心肺機能に驚いたのです。

私には全く無理な運動です。

しかも私は今日16kgのダンベルを2個持ってバックランジ を各脚10回x6セットやりましたが各セットごとに休憩を入れていました。そうしないと息が続かなくなるからです。

一方この女性は50kgのバーベルでバックランジ をフロントスクワット、バックスクワットの後に休むことなくやっていたのですから私とは身体機能が段違いなのです。

私は裸眼では1mくらい近づかないと相手の顔をはっきり認識できないの近眼なので最初、その女性は最初学生かと思っていましたがひょっとするともう少し上の世代かもしれません。いずれにしても20代でしょう。

私が通うジムでHIITをやる人がいるのも結構珍しいのですがさらにそれが若い女性というのはさらに珍しいことです。

その後この女性が私がトレッドミル40分やった後にもフリーコーナーでメディシンボールを頭上に上げてから床に叩きつける運動をしてました。

全身トレーニングで脂肪燃焼とシャイプップを意識していることがわかります。

もっともスクワットは全てハーフスクワットでフルスクワットではなく、バックランジ も鍛えるべき前脚を床と平行になるまで曲げてはいませんでしたが。

それでもすごいと思わざるを得ません。

終わりに

いやぁ、久しぶりにいい刺激を受けました。

つい普段やらないレッグエクステンションをやってしまいました。

私は酒量も増え、暑いので登山に行く回数も減って心肺機能の衰えを感じていたのですが筋肉肥大とともにもっと心肺機能を鍛えようと思った次第です。

もっともお酒はやめませんがね。

プロテインパウダーの吸収率は15%というのは本当か?前のページ

立川のkino cinemaで映画「アルピニスト」を観て来ました次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    筋肉量と筋力の違いと歩行速度による高齢者の生存率

    いつもながらジムに行くとおかしな人、見掛け倒しな人に出会いま…

  2. 筋トレ

    変形ディップスは効果がるのか?

    今日のジムでは、マッチョな50歳前後の男性を久しぶり…

  3. 筋トレ

    シニアの下半身の筋トレはランジ系で決まり

    アイキャッチ画像:ダイエット部もうすぐ3人に1人が6…

  4. 筋トレ

    筋トレと登山の組み合わせはより強い脚力をつける

    アイキャチ画像:筋肉キャンプ今日のジムは下半身中心の…

  5. 筋トレ

    フロントランジで腰部の痛み!中臀筋の関連痛にはストレッチ

    出典:サロモンジムで下半身の筋トレの日。いつものよう…

  6. 筋トレ

    ダンベルフロント&バックランジでお尻が痛む原因は?

    下半身の筋トレで取り入れているダンベルフロント&バックランジ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP