筋トレ

プロテイン摂取し始めて丸3ヶ月経過しましたがいまだに筋肉肥大はなし

アイキャッチ画像:bizento

プロテイン 摂取を始めて丸3ヶ月が経ちました。

結論から言ってこれと言って筋肉肥大は認められません。

体形も身長174cm、体重61.9kg、ウエスト79cm。

体重が1kg増加しウエストも1cm増加。

これはプロテインのせいというよりも夕食に玄米を少し食するようになったことと1駅間のウォーキング(有酸素運動)を寒さのためやめていたためです。

長年夕食には主食を摂取しないようにしていたのですが筋肉肥大には糖質も重要ということで思い切って路線変更してみたのです。

ボビディビルダーの人たちの食事は増量期には白米+肉というパターンが多く特に糖質を多く摂取しています。

別にボディビルダーのような体形になりたくはないのですが筋肉肥大のためにはもう少し糖質を摂取した方がいいと判断したのです。

プロテインは20〜40g/日ですが全体としてタンパク質を最低120g/日は摂取しているはずです。体重x2gです。

体重66kg、ウエスト75cmを目標にしています。

体重はBMIから標準体重を計算し、ウエストは身長x0.43という計算式から算出しました。

この計算式はある筋トレサイトから得たものでこれが標準ウエストの目安となるようです。

79cm→75cmになるためには脂肪4kg減、体重61.9kg→66kgになるためには筋肉{66-(61.9-4)}=8.1kg増にしなければなりません。筋肉をあと8kgも増加させるというのは私にとっては至難の技です。

今後タンパク質を腸の様子をみながら120g/日→150g/日に持っていこうと思います。

あまりタンパク質を多く摂取するとタンパク質に含まれる窒素(N2)を分解しアンモニア(NH3)を体内で生成するためオナラや体臭が臭くなるのでやりたくはないのです。

それにタンパク質を多くとると腸内細菌のうち悪玉菌も増加します。

もちろん食物繊維などをしっかり摂取するとバランスが取れてくるのですが、現在きのこ、ブロッコリーなどの野菜類をチンして毎夕食摂取していますが便通がいいとはいえません。

以前黄褐色だった便の色も今では茶色になっており腸内環境があまり良くないと思われます。

どうもプロテイン(パウダー)が本当に筋肉肥大に効果があるのかどうか疑問に思ってきました。

丸3ヶ月です。

またもう少しプロテイン量を増やしてみて筋肉肥大しないのであれば筋トレのやり方が悪いということになります。

私は日常生活にも影響を出す「追い込み」などはしないのでそれも筋肉肥大しない原因なのかもしれません。

左肩の痛みは以前に比べて軽減されてきましたが無理してインクラインを復活させるとまた痛くなる可能性がありまだ当面はフラットベンチでダンベルプレスと少し軽めでダンベルフライをしています。

それでも大胸筋中部には以前のように張りが出ています。

下半身もブルガリアンスクワットが右膝損傷以来5kgから始めて今では14kgまで復活してきました。

そのせいが太もも(内側広筋と外側広筋)の張りも出てきました。

あちこち張りは出るけども肥大はしないという現状です。

背中もワンハンドロー (28kg)をするようになって後で懸垂をすると背中が筋肉痛になります。

しかしジムでワンハンドロー をしている人はほとんどダンベルを垂直に挙上しています。

僧帽筋狙いであれば良いのですがもし広背筋狙いであればダンベルを斜め後ろに引くように挙上しなければ効果が期待できません。

もう少し継続してみます。

何故日本のメディアは連日のように韓国の大統領選を報道したのか前のページ

俳優陣の台本棒読みに慣れると乗り切れるドライブマイカー次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    筋トレでどの種目も挙上重量が落ちてきたらオーバーユース

    オーバーユースという言葉があります。いわゆる「筋肉の…

  2. 筋トレ

    筋トレ動画はおバカが9割!推奨したくなる筋トレ動画は?

    ジムで週3回筋トレをしています。登山のために下半身を鍛える必要があっ…

  3. 筋トレ

    高重量のパーシャルレップダンベルプレスをする70歳前後の高齢者

    アイキャッチ画像:STEADY長らく左肩(棘下筋)の…

  4. 筋トレ

    何とも軟弱な脚!ジムトレ初の右膝内側の痛みでトレッドミル中断!

    アイキャッチ画像:esquire東京の緊急事態宣言は…

  5. 筋トレ

    筋トレによる肘の痛みとその対処法

    ここ一ヶ月朝目を覚ますといつも肘の痛みを感じます。肘と言って…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP