健康

睡眠中歯を食いしばる原因とそれに対処しないとなってしまう歯の病気

歯科医院へ行き新しい睡眠用マウスピースを取りにそしてついでに歯石除去をしてもらいました。

歯石除去は7か月ぶりですがいまだ歯の食いしばりが治らず歯周病への影響が気になるところです。その進行確認も含めて行ってきました。

新しい睡眠用マウスピース

私はいつの頃か全く不明なのですが寝ている間に歯を食いしばるクセがあるようで以前それを歯科医に指摘されました。

そのせいかすでに数本歯にヒビが入っているのです。

その話を歯科医から聞いて慌てて睡眠用マウスピースを作ったのでした。

しかし最近最初のマウスピースが黄ばんできたことと食いしばったところが白く濁ってきたので交換したのです。

古いマウスピースは今後(いやすでに)ジムで利用します。ジムでも筋トレ時に歯を食いしばることがあるので筋トレ用として使用可能です。

ただ高価なスポーツ用マウスピース(2〜3万円で一般の歯科医では製作していません。)と違って肉厚(2mm)が薄いので半年もてばokとしています。

このマウスピースは上の歯形に合わせて作られていますがその理由は下側に取り付けると入眠中邪魔になって舌で取り外そうとするらしいのです。

3mmにもできるようですが厚いとやはり口内で不快感ができ上記と同様に入眠中に取り外そうとする場合があります。

したがって通常は2mmの肉厚で上の歯列に取り付けられます。

今後は半年ごとにマウスピースを交換する予定ですが6か月経つとまた保険適用になります。このマウスピースは4000円程です。

睡眠中歯を食いしばる原因

先述の通りいつ頃から睡眠中歯を食いしばっていたのか全くわかりません。

歯科医に指摘されるまでわからなかったのですから。

しかし日中に歯を食いしばることはよくありました。

やはりイライラしたり緊張したりしてそのストレスに対処しようと我慢しているときは歯を食いしばることが多かったような気がします。

イライラするとなぜ歯を食いしばるかというとそれには交感神経が関与しています。

自律神経には交感神経と副交感神経がありそのうち交感神経は興奮時に働きます。この交感神経はまた筋肉を収縮させる働きがあるのでストレスができる(心的刺激が強くなる)と筋肉を収縮させようとするのです。

このとき働く筋肉が咀嚼筋(そしゃくきん。側頭筋・咬筋・外側翼突筋・内側翼突筋の4種類)です。

睡眠中強く歯を食いしばる習慣がある人は翌朝顎が痛かったり頭痛になる場合があります。

幸い私はまだそのような経験はありません。

それではなぜ睡眠中に歯を食いしばるかというと、寝ているときにその溜まったストレスを発散しようし無意識のうちに歯を食いしばっているからです。

睡眠は副交感神経が優位になったっときの動きですので睡眠中歯を食いしばるということはまだ交感神経が優位になっているので浅い睡眠が多く熟睡はできていないのではないでしょうか。

歯を食いしばることで起こる障害

知覚過敏症

長期間歯を食いしばっていると歯が割れたりヒビが入ったりします。

過度の食いしばり

歯の根に近い部分がゆるむ

歯の表面のエナメル質が剥がれ落ちる

歯の中を走っている神経が近くになる

水などの温度による刺激を感じる

痛みとして感じる

以上が知覚過敏のプロセスです。

歯を強く噛む、食いしばることで知覚過敏になる可能性が高いのです。

実際私はときどき虫歯ではないのに歯を強く食いしばったとき奥歯が痛むときがあります。

また昔別の歯が知覚過敏になったときは歯の磨きすぎ(歯ブラシの強い擦りすぎ)と言われました。実際一本エナメル質が剥げている歯があります。

歯を強く磨くのも良くないのです。

歯周病

現在軽度の歯周病になっている私は今回の検査で進行はしていないことがわかりました。

しかし歯を食いしばる行為はこの歯周病を悪化させてしまうことになります。

その理由は先述の知覚過敏症と同じく強く噛むことで歯の根に近い部分が緩みエナメル質が剥離し歯と歯茎の間の隙間が深くなってしまうからです。

さらに進行すると歯がぐらつき始め最後には抜歯しなければならない状態になってしまうのです。

今回の検査で下の歯に2本軽度のぐらつきがあったようです。

どの歯か聞き忘れましたが歯科衛生士が 0.5とか言っていたのを思い出しました。

自分の手でいじっても全くぐらつかないのですが何か計測器でもあるのでしょうか。よくわかりません。

下の前歯は唾液が溜まりやすいので歯石ができやすいのです。

歯石除去のたびに歯科衛生士にこの部分を指摘されます。

歯の食いしばり改善法

歯の食いしばりを予防するためにはいろいろな方法がありますが、基本的にはストレスを減らし自律神経の乱れをなくすることです。

それ以外には、

・マウスピースをつける

これだけで安心感が生まれストレスが軽減されます。

・長時間同じ姿勢を取らない

特にパソコンやスマホを長時間使用していると姿勢が前向きになって頭が下がって無意識のうちに歯を食いしばっている(上の歯と下の歯が接触する)ことに気がつきません。

・カフェインを控える

交感神経を優位にさせるカフェインを控えた方がいい場合もあります。また私のように午後3時以降カフェインを取ると寝つきが悪くなる体質を持つ人は睡眠不良に陥りそれが交感神経を優位にさせてしまう場合があります。

終わりに

歯科衛生士は3か月に一度の歯のお掃除を推奨していましたがおそらくそうなのでしょう。

しかし私としては半年に一度行ってマウスピースを作ってもらうときに掃除をしてもらうのが最適だと思うのですが、歯医医院もビジネスですから。

今や歯科医院はコンビニの数より多いそうです。確かに都下の私の自宅周辺にもコンビニと同じくらい何軒もの歯科医院があります。

その理由は歯科大学をたくさん創ってしまった結果歯科医を量産してしまったからです。

歯科医もピンからキリまでいます。

くれぐれも変な歯科医に当たらないように少なくともネットで評判を確認しておきましょう。

いつもほんの少しアルコール摂取量が増えるだけで睡眠不良になる前のページ

なぜホームレスが銀行のATMの前に立っているんだ?次のページ

関連記事

  1. 健康

    現役時代と現在の大便の違い

    どうも最近というより会社員を辞めて生活形態が変わってから、トイレでの…

  2. 健康

    ダイエットの停滞期を乗り越えるには

    今日も台風の影響で東京は雨です。午後5時以降郊外のドトールに…

  3. 健康

    ウエストがまた80cm→81cmへ!その増えた原因は明々白々!

    梅雨前線の張り出しのせいでここ2週間ほど山天気も良くなく山に…

  4. 健康

    ウエスト減には食事制限と最大傾斜ウォーキングが効果的

    ウエストがまた増えたことは以前のブログにも書きました。…

  5. 健康

    冬は人工蕁麻疹になりやすい

    私は皮膚が敏感で人生の中で最も医者にかかったのは皮膚科です。…

  6. 健康

    左膝外側の痛みの劇的改善からのその後の経過

    先日左膝外側の痛みはふくらはぎの筋肉はがしで劇的改善されたこ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP