健康

 

更新: 2019.11.17

脇の下から匂う甘酸っぱい体臭の原因はケトン体(アセトン)

先日の登山で登っていると脇から甘酸っぱい匂いがしました。登り始めは体がまだ寝起きなのかまだ体調が良くなくエンジンがかからない場合が多いのですが、登山開始後1時間程でこの匂いがし始めました。呼吸もハァハァになり汗もかき始めた頃です。

さらに帰宅後風呂に入った後にも部屋に同じ甘酸っぱい匂いがするのです。おかしいと思い匂いを探っていくと当日背負ったザックにその匂いが染み付いていました。それほど強烈な匂いを放っていたのです。

この匂いは筋トレ後のトレッドミルをしている最中にも匂う時があります。

汗が出る汗腺には2種類あってエクリン腺とアポクリン腺があり、このアポクリン腺から多くの体臭の元になる物質が汗と一緒に分泌されます。

アポクリン腺は脇の下、陰部、乳首などの特定な場所に存在し、エクリン腺はほぼ全身に存在しその汗の99%が水です。

甘酸っぱい匂いの正体はケトン体

この甘酸っぱい匂いの正体は肝臓で作られるケトン体(アセトン)なのはわかっていました。一般にケトン臭とかアセトン臭とか言われています。

ケトン体は例えば長距離のトレランをする人が糖質の代わりに脂質をエネルギー源にするため体質改善を行った結果このような匂いを発します。

この体質改善とは極端な糖質制限によって体内の中性脂肪を分解してケトン体を作りそれをエネルギー源にすることです。

体内の中性脂肪(皮下脂肪+内臓脂肪)などは極端な言い方をすれば半ば無尽蔵にありますので長距離(50km, 100kmなど)のハードな運動を強いられるトレランの連中にとってみれば非常に優れたエネルギー源に映るのです。

この極端な糖質制限はトレラン以外にも別目的で行われています。そうです。ダイエットです。糖質制限をすることでダイエットをしている人もそれが極端になればこのような甘酸っぱい匂いを生み出すのです。

注)以前脳のエネルギー源は糖質(ブドウ糖)のみと言われていましたが、今ではケトン体も脳のエネルギー源になることがわかっています。

しかし、私が気にしているのは極端な運動やダイエットによるケトン体ではなく病気としての甘酸っぱい匂いなのです。

以前筋トレをするようになって体臭がきつくなり色々体臭について調べました。その時はあまり気にも止めなかったのですが、病気によってもこの匂いを発するのです。

糖尿病とは

それは糖尿病です。私の家系で糖尿病になった人はいませんし、会社員時代も一度も血糖値で引っかかったことはありませんでした。

糖尿病は血糖値が上がるとそれを一定にするべくインスリンというホルモンがすい臓から分泌されるのですが、このインスリンがうまく機能しない・分泌しなくなる病気です。

そのため体内に十分な糖質を取り入れることができず、中性脂肪を分解してケトン体を作ってそれをエネルギー源にするようになるのです。

ケトン体の匂いは先述の通り甘酸っぱい匂いです。

しかし、最近尿の出が悪くなって前立腺肥大?とか汗が右半身しか出ないとか睡眠が浅くなったとか色々な症状が出てきたのでもう老齢の病気になる年齢なのかと思い始めてきたので気になったのです。

糖尿病には1型、2型がありますが、1型は子供や若い年齢層に多いようで10人のうち9人は2型です。

その主な症状は下記の通りになっています。

2型糖尿病の主な症状

1.皮膚が乾燥して痒い

2.手足の感覚が低下する、または、チクチク指すような痛みがある

3.感染症によくかかる

4.頻尿

5.目がかすむ

6.性機能の問題(ED)

7.切り傷やその他の皮膚の傷が治りにくい

8.空腹感やのどの渇きがひどくなる

9.甘い匂い、甘酸っぱい匂いがする

10.疲労感

私は上記のうち1)、7)、9)、10)が該当します。しかし私の場合もともと皮膚が敏感なので1)、7)が糖尿病に結びつくかどうかわかりません。

9)に関しては普段から甘酸っぱい匂いがするわけではなく運動をするとそのような匂いがする時があります。別の匂いもする時がありますが言葉ではうまく説明できません。

注)糖尿病の初期は尿や体から「甘い匂い」がします。そしてそれが進行すると「甘酸っぱい匂い」になります。また口臭も甘酸っぱくなります。

ただ会社員時代に尿で何度か甘い匂いがしたことがあるのです。

また1型糖尿病はケトン体が血中に増加して血液が酸性した状態(「ケトアシドーシス」と言います)になりやすく重症になると昏睡状態になって死にいたります。

6)の性機能の問題はボッキはしますが朝立ちはもうほとんどしなくなりこれは加齢によるものだと勝手に判断しています。ちなみに「朝立ち」は性的衝動の結果ではありません。

また10)の疲労感に関しては運動のし過ぎではないかと思います。台風で終日家にいた翌日は実に体が軽かったですから。

ケトン臭の原因

ケトン臭は主に下記の3つが原因で発します。

・糖質不足

・糖尿病

・激しい運動後

私はおそらくこの「激しい運動後」に当てはまるのではないかと思います。糖質制限はしていますが、夕食にご飯、麺類を取らないという程度です。それに野菜を摂るようにしているので糖質は十分にあるでしょう。

おそらく激しい運動をすると一時的に糖質が不足し、脂質をエネルギー源にしているのかもしれません。だとすれば「脂肪燃焼をしている証」とも言えます。

そうするとむしろ私にとってはありがたい匂いなのかもしれません。

3か月ぶりの鍋割山・塔ノ岳 in 11/9/2019前のページ

ディッピングベルトで加重してディップスと懸垂をするべし!次のページ

関連記事

  1. 健康

    現役時代と現在の大便の違い

    どうも最近というより会社員を辞めて生活形態が変わってから、トイレでの…

  2. 健康

    さつまいもで便通大幅改善!ヨーグルトは意外に影響なし!

    少し前まで便秘ではないのですが、便通が悪くなっていました。医…

  3. 健康

    体重をキープするには

    涼しくなってきたというよりちょっと寒くなってきました。風邪に…

  4. 健康

    認知症で要介護3→2→1ってどういうこと?

    東京へ戻ってきました。二泊三日の小旅行。なんかホッとしている…

  5. 健康

    シニアは気をつけよう!口を開けて眠る事

    どうも最近口を開けて寝ることが多いようです。多いようですとい…

  6. 健康

    人類が作った最悪の化学物質「砂糖」

    炭水化物(食物繊維+糖質)が今悪者になっていますが、それは、炭水化物…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP