社会

 

更新: 2020.06.25

国境なき医師団が特別定額給付金目当てに寄付金集めか?

先日郵便受けを開けると見慣れない封筒が入っていました。私宛の住所が明記されていないのでチラシの類のようです。アルバイトの誰かが付近一体のポストに投函したのでしょう。

差出人は「国境なき医師団」となっています。時々耳・目にする名前です。

映画館で上映前にもこの国境なき医師団のコマーシャルが流れる時があります。

アフリカのどこか国でやせ細った子どもの手首に目盛りの付いたテープを巻いて「この子の手首の周囲がこの長さになると餓死する恐れがあるのです…」とか言っていたような。

また駅前でも見たことがあります。

寄付金集めかい!

封を開けるとアイキャッチ画像に写っている封筒と手紙、振込用紙が入っていました。

なんだ寄付金集めだったんですね。なんで私のところまでと思いましたがすぐ「ああ、なるほどね」と思い至ったのです。

そう、彼らはもうそろそろ支給される「特別定額給付金」が目当てだっただろうと気がつきました。

各世帯全員に10万円ずつ支給されます。まさにグッドタイミングです。

4人家族であれば40万円です。少しは寄付しようと思う人もいるかもしれませんね。

国境なき医師団日本の収入・支出は下記の通りです。

総収入112.6億円の内訳

一般個人支援者数34万6984人
一般法人支援社数7264社
その他支援団体数1864団体
支援者総数35万6112

支援者総数は、前年比で10%増加しました。

総支出111.6億円の内訳

(百万円)

ソーシャル・ミッション費9,121
募金活動費1,514
マネジメントおよび一般管理費225
その他海外向け支援金等302
経常費用合計11,162

募金活動に収入の13%もつぎ込んでいるんですね。どおりで映画館や駅前で見かけるはずです。

また今回の封筒の中には厚紙で手の洗い方のイラスト(カラー)が添付されていました。

結構お金かけているなという気がしたのと同時に手の洗い方などほとんどの日本人はすでに知っているだろうなぁとも思ったのでした。

つまりお金がある団体だと思っていたことろにかられのHRを覗いてみると上記のような財源に関する情報が載っていたを見つけました。

上記はあくまでも日本が集めた収入であり世界全体では1,800億円ほどの年収があります。ほとんど寄付金ですね。

すごいのかそうでないのかよくわかりませんが。

どうも好きになれない欧米系のNPOやボランティア団体

私はかつてはジョンフォスタープランでアジアの貧困な子供たちへの寄付をしていました。寄付と言っても使用済みの切手や不要のハガキを送るだけなのですけど。

またこの間凶弾に倒れた医者の中村哲さんのペシャワール会へも寄付をしたことがあります。もう随分前の話です。それは彼の「医者 井戸を掘る」を読んで感銘を受けたからです。

私はどういうわけかずっと海外に興味があったのでそんなことをしていたのでしょう。

しかし私はどこか欧米系のNPOとかボランティア団体がどうも好きになれないところがあるのです。

それはどうも彼らはアフリカ・アジアの貧困層に対してかなり上目線で見ているのではないかと思うからです。彼らにとってはアフリカ・アジアはかつての植民地ですからね。

かつてアフリカの某国で欧米系のボランティア団体が貧困層の援助を現地でしていました。

しかし彼らはその貧困層といっしょに暮らしはしません。自分たちはよりマシな(綺麗な)場所で生活をし仕事で貧困層の場所に通うのです。

一方同時期日本のボランティアの女性がその貧困層の援助に来ていました。彼女はその貧困層の人たちといっしょに住み、同じものを食べていたそうです。

そのせいか彼女はコレラにかかり帰国を余儀なくされました。

その貧困層の人たちはもう彼女は戻ってこないと信じてたのですが、なんと彼女はまた戻ってきたのです。

それ以来彼女はその貧困層の人たちから絶大な信頼を得ることになったのです。

この話はその国の在日大使が日本の外交官に語ったものです。

先述の中村哲さんは以前ヨーロッパ系のボランティア団体から仕事の妨害を受けたことがあると語っていました。

彼らは仕事の達成の度合いによって寄付金が異なってくるのでその寄付金欲しさに中村さんの活動を横取りしようとしたのだそうです。

もちろん全ての欧米系の団体が悪いわけではないでしょうし、反対に日本のNPOでもひどいところはあると思います。

しかし傾向として欧米系と日系のボランティア団体の現地での目線の高さは違うのではないかと私は思っています。

大切なのはまず貧困層と同じ目線で寄り添うことでしょう。これができるんだよなぁ日本人って。

もちろん自己中の私は逆立ちしたってできないのですが。

まとめ

寄付したい人は寄付しましょう。

特に年金受給者にとっては特別定額給付金なんて本来支給の対象外だったはずです。

ぜひにとは言いませんが寄付してもバチは当たらないはず。

働いている人はいずれ所得税で給付分を毎月引かれるのでしょうから、ここは年金受給者に頑張ってもらいましょう。

ネットでも寄付できます。

私は全くそんな余裕はありませんので悪しからず!

高齢者は本当に長生きしたいのか?死の尊厳と国民皆保険崩壊前のページ

下半身の筋トレ量が別次元!160cmx60kgのボディビルダー次のページ

関連記事

  1. 社会

    もうこの世の終わりのような気分とコロナのおかげメリット

    コロナのおかげで図書館、学校、ジム、ライブハウス、野球場、大…

  2. 社会

    コロナ禍における飲食店の明暗と中小企業の行く末

    先日の丹沢山のピストンでまだ筋肉痛の残っていた昨日、本屋で月…

  3. 社会

    喫茶店で勉強しに来た女子校生の気になる言葉使いと黒服女性

    私が毎日喫茶店でネットサーフィン(筋トレや山関係が多い)をし…

  4. 社会

    笑ってしまうGo Toトラベル! 一体誰が旅行に行くのかな?

    今日からGo To トラベルが始まります。私は全く旅…

  5. 社会

    本当に支援が必要な人は?新型コロナで露見した脆い日本経済

    アイキャッチ画像:食品産業新聞社ニュース本当に困って…

  6. 社会

    とうとうジムで起こったマスク未着用に切れる男は自称警察か

    週末の天候不順があったとはいえ3週連続で山に行かないのは無意…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP