生活

 

更新: 2019.11.25

散髪は男に限る!?

この時期としては異常な暖かさです。今日も登山日和だったけど行きませんでした。どうもイマイチモチベーションが上がらず。どうしたのかな。登山者の多さを予想して行きたくないのかな。街も山も人、人です。

渋谷の西武デパートB館(←懐かしい!会社員時代時々来ていました。まだ潰れずにあったんですね。)、パタゴニアでジャケットを見るもどうもイマイチ。どうもなかなかいいのかないというより何を探しているのか、自分でもわからなくなったという、間抜けな話。安価でセンスのいいジャケットはなかなかありませんね。もうお金を使うのを控えようとする気持ちが強いでしょうね。

ネットで予約していつものカット専門の床屋へ。女性が担当でしたが、この50代?の女性は、非常に丁寧なのですが、電動バリカンの使い方が男性に比べてどうもイマイチで作業が遅く、その割に出来上がりもいいわけではありません。そのためこの人に当たるといつもちょっとストレスがたまるのです。指名することもできるのですが、300円の指名料が追加されます。1300+300=1600円です。300円を惜しんで指名なしにしているわけです。

このカット専門店はチェーン店で都内を中心に関東にありますが、腕は悪くないほうだと思います。ただし、新人ぽい人に当たるとこれが大変です。左右のもみがげの長さが異なってくる場合があり、同じチェーン店の中の別の店舗に変えた経緯があります。稀にですがこういうことがあります。また、別の店舗ではものすごくカットが遅い人もいました。全て女性です。丁寧さとスピート、そして仕上がり具合。この3点を比べるとやはり女性より男性スタッフの方が上手です。

もっとも自分で「お前のヘアスタイルは、指名するような髪か!」と思っているので指名なしにしているのですが。バリカンで1mmにカットしていると少し長くなるとみっともないので1ヶ月おきにカットしている次第。自前でカットできるかな。

やっぱり、お金はあったほうがいいですね。「金持ち喧嘩せず」と言いますが、お金がないと「せこく」なるようです。それとも単にお金の使い方を知らないだけかも。断捨離している、物欲がなくなったなどと言ってもまだ何か買う気があるのですから、私は自分を偽っているのかもしれません。

何だか自分は、玉ねぎの皮のような。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」前のページ

ストレスが溜まっているようです!ドトールの「死ね!死ね!」男次のページ

関連記事

  1. 生活

    シニアな私の2020年の生活目標は?

    2019年の登山や筋トレを振り返ったり2020年度の目標も考…

  2. 生活

    来年の確定申告の勉強のために税務署へ

    退職以来まだ確定申告なるものは提出したことはありません。今年…

  3. 生活

    お気に入りのカーディガンの引っかき穴が1800円+税

    先日、会社員時代から着ていた黒のカーディガン(背中)に引っかき傷のよ…

  4. 生活

    筋トレ・登山で長く続く筋肉痛の本当の原因は何だろう?

    2日前の高尾山塊の29km縦走で下半身はまだ筋肉痛。特に膝周…

  5. 生活

    独り者の食費が月63,000円は高い?何を節約し何に投資する?

    会社員時代と違って無収入になった私は、慣れない節約に当初息が詰まりそ…

  6. 生活

    猛暑の熱中症、新型コロナ、インフルエンザ。一番多い死者数

    もうそろそろ残暑と言っていいほどの時期に来ているのに日本全国…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP