健康

コラーゲンの真実

今日はコラーゲンの話です。

コラーゲンは美肌効果があるということで、特に女性に人気の成分のようです。

コラーゲンを多く含む食材としては、フカヒレ、スッポン、エビ、クラゲ、うなぎ、なまこ、豚骨、鳥の皮、手羽先などがあります。ホルモンでは、ハチノス(牛の第二胃)にコラーゲンが多いと言われています。何だかカロリーの高いものばかりのようです。サプリメントでもコラーゲンはありますね。

でも、コラーゲンとは何か知っている人はどれほどいるんでしょう。

コラーゲンはタンパク質

コラーゲンは、タンパク質の1種で、骨、歯、靭帯、腱、真皮などを構成している成分で、体内のタンパク質の約30%はコラーゲンです。

このコラーゲンは、主に体内の間葉性細胞で合成され、真皮細胞、平滑筋細胞などでも合成されることがわかっています。

コラーゲン→アミノ酸に分解→タンパク質として再合成

食品から口を経由して摂取した場合、コラーゲンは、体内で分解されアミノ酸となって小腸で吸収され、血液を通じて肝臓でタンパク質に再合成されます。

つまり、コラーゲンが豊富な食材を摂取しても、体内でタンパク質に再合成されてしまい、コラーゲンとして残るわけではないのです。再合成されたタンパク質は再び血液を通じで全身に行き渡り上記の部位の成分になります。また、消化酵素や成長ホルモン、アドレナリン、アドレナリンなどのホルモンの原料にもなります。

つまり、美肌になろうとしてコラーゲンを摂取してもコラーゲンそのものとして残らず、タンパク質として再合成されどの器官、どの酵素、そのホルモンとして使われるかわからないのです。

タンパク質は、分子量が大きく一旦アミノ酸に分解され、タンパク質に再合成されるようです。筋肉だってタンパク質で出来ています。心臓や肝臓などのすべての内臓器官も主成分はタンパク質です。なぜなら、これらの内臓を動かしているのは「平滑筋」という筋肉ですから。ちなみに、ホルモン焼きなんていう牛、豚などの内臓を指すホルモンは、ほどんと内臓の平滑筋のことです。

このホルモン焼きのホルモンと体内の特定器官で産生される化学物質(アドレナリンなど)のホルモンとは全く別ものです。念のため。

さらにいえば、コラーゲンに美肌効果があるという明確な科学的知見の見解には至っていないようです。

お分かりでしょうか、コラーゲンがたくさん含まれていると言われる食材をいくら摂取してもお肌に行きわたるわけではないのです。

入院特約の解約⇨返還金⇨米寿の贈りもの?前のページ

加齢にしたがって体のメンテは大事になる次のページ

関連記事

  1. 健康

    皮膚が弱〜い!街路樹近くのベンチに座ってノミに喰われる?

    先日の台風15号が通過した朝、どのテレビでも関東の台風被害状…

  2. 健康

    ウエスト減には食事制限と最大傾斜ウォーキングが効果的

    ウエストがまた増えたことは以前のブログにも書きました。…

  3. 健康

    加齢とともに減少するミトコンドリアのはたらきと筋肉の関係

    前回の記事では活性酸素のお話をしました。活性酸素は人のすべて…

  4. 健康

    左膝外側の痛みの劇的改善からのその後の経過

    先日左膝外側の痛みはふくらはぎの筋肉はがしで劇的改善されたこ…

  5. 健康

    登山で変形性膝関節症になって再認識した筋トレと登山のあり方

    膝を痛めて以来登山は中止してます。関節症なので保存治療では完…

  6. 健康

    思わぬ副作用で左足首より下の冷え性が改善!

    ここのところ左膝裏から外側の痛みやら肩の超コリやらでマッサー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP