筋トレ

スクワットよりブルガリアン、ランジを!ワイドレンジよりナロー懸垂を!

台風の影響でジムは空いているかと思ったらいつもとからわない感じ。みなさん近場から来ているのでしょう。

男性シニア陣もラフな格好で来ている人が多く近所に住んでいるのではないでしょうか。この新宿区に住んでいるなんてみなさんリッチ。私など都下からJRと地下鉄を乗り継いできています。

今日の筋トレ

月曜日は下半身中心の日です。筋トレ60分。トレッドミル40分。

・12kgx2と18kgx2のダンベルブルガリアンスクワットを各2セット(左右脚各10回を1セットとします。

12kgのダンベルは足幅を広く(大股の1歩)でハムと大臀筋狙い、18kgのダンベルでは通常の足幅(1歩)で大腿四頭筋狙いです。

・45-50kgバーベルフロントランジを各1セット(左右脚合計10回を1セット)

・16kgx2インクラインダンベルフライ4セット

・パラレルグリップ懸垂(ナロー)10回、10回、7回

・ディップス(大胸筋下部狙い)10回、10回

最近必ず吐き気がする下半身の筋トレは珍しく吐き気がしません。ブルガリアンスクワットのセット数も5セットまでできそうでした。

下半身の筋トレはなかなか重量がアップしなくて気持ちが萎えそうな時があります。現在12kg、14kg、18kgのダンベル2個使ってブルガリアンスクワットをやっていますが、もう20kgのダンベルを使ってもいい頃なのですが、これがなかなかそうならないのです。

バーベルフロントランジもいつまで50kgのバーベル担いでいるんだという感じです。ブルガリアンスクワットが終わった後にやっているので筋肉疲労があるのはわかるのですが、それにしてももう1年くらい重量が変わっていないでしょう。

これって漸進性の原則から外れていますね、完全に。

ただ山に行くと脚力がアップしているのをはっきり自覚でき、太もも下部の膝周りはもう大腿四頭筋がくっきり出ていますが太ももの中部から上部にかけて全然太くならないのです。

やっぱり体質なのかフォームの問題なのか。筋トレの種目によって合う合わないというのはありますので私もそろそろ種目に切り替えた方がいいのかもしれません。

本当はウォーキングランジをやりたいのですが、このジムにはそのスペースがないのです。

フリーウエイトの優位性

バーベルを担ぐ筋トレは下半身のみならず脊柱起立筋などの体幹の筋肉も鍛えることができます。

バーベルやダンベルでの筋トレとマシンの筋トレの一番の違いは、安定性です。マシンの方が重量のポジションが固定されているため非常に安全に筋トレがやりやすいのです。

一方バーベルやダンベルを使った筋トレはそのポジションニングの不安定さから安定維持しようと関節周りの筋肉やインナーマッスルも動員するためマシンより総合的に筋力アップするのです。

ただし、高齢者はフリーウエイトよりマシンを使った方が安全です。バランスを崩し体が変な方向に体は流れると怪我をしてしまいます。もちろん、長年フリーウエイトをやってきた高齢者は別ですが。

ただ、登山でもそうですが自分はまだ大丈夫と思って自己過信してはいけません。ちょっとした油断で滑落したりする高齢者が後を絶たないのです。筋トレも同じです。

ブルガリアンスクワットやランジの優位性

ブルガリアンスクワットやランジは一歩足を前に出して行うスクワットです。

特にブルガリアンスクワットは後ろ足をベンチに乗せて行う片足スクワットなので前脚に負荷を重点的に掛けることができ、通常のスクワットではできない股関節のストレッチができます。

ランジには一歩前に出して戻るフロントランジや一歩後ろに下がって戻るバックランジ、一歩前に足を出したままその場でスクワットするステーショナリーランジの3種類があります。

フロントランジはメインに大腿四頭筋、サブに大臀筋、ハムストリングが鍛えたれ、バックランジはその反対になります。

ブルガリアンスクワットやランジは通常のバックスクワットに比べて腰への負担が軽いので腰に不安のある方にはありがたい筋トレです。

私には腰痛の持病がありますが、これらの筋トレをやって腰を痛めたことはありません。ただ、あまり前傾姿勢をとると腰を痛める可能性があります。

これらの筋トレはバックスクワットより実践的でスポーツなどで走ることが多いサッカーやラグビー、野球などのアスリートはこれらの筋トレを積極的に取り入れています。

もちろん登山にもスクワットより有効だと確信しています。

パラレルグリップ懸垂(ナロー)の優位性

フォームの良くない順手の懸垂(プルアップ)

一般にジムで行われる懸垂は広背筋狙いのワイドレンジの順手の懸垂を指す場合が多いのですが、私はワイドレンジ(順手)で右ひじを痛めてしまったので色々な懸垂を探していたところこのパラレルグリップ(ナロー)を見つけたのです。

この懸垂はメインに僧帽筋と前腕筋の腕橈骨筋が鍛えられますが、私の場合、大円筋もサブで鍛えられるような気がします。また上腕部が太くなってきました。

通常背筋を鍛えるための懸垂は、胸を張り肩甲骨を寄せて行うと言われていますが、ナローでやっていると胸を張るということ自体がなかなか意識しずらく背中も少し丸くなっているような気がします。

そのせいか足を組んで肩甲骨を寄せるべくお尻をすぼめようとするのですがどうもうまくいきません。腹筋も使っているようで両足が前方の方へ流れます。

通常の懸垂の姿勢(フォーム)としては問題なのですがこのやり方で背筋が鍛えられているよな気がするのです。

しばらくこの懸垂をやって1セット20回くらい楽にできるようになったら肩幅程度のパラレルグリップ懸垂をしてみようと思います。

いずれにしろこの懸垂は懸垂の中で一番肘や肩に優しい懸垂ですのでシニアの方は是非やってみてください。

自重で懸垂が楽にできるようになったら今度は加重してやってみましょう。ディッピングベルトなどが市販されていますが、ジムのトレーニングベルトにクライミング用スリングやロープ、カラビナなどを使ってウエイトを取り付けることができます。

参考記事:

関連記事

  1. 筋トレ

    トレーニングジムはシニアで花盛り!しかし色々な人間模様が!

    毎週最低3回はジムへ行って筋トレとトレッドミルをやっていますが、相変…

  2. 筋トレ

    スタミナとグリーコーゲンと筋トレの関係

    平日週3回ジムへ行く以外に週末も1回別のジムへ行くことが多く…

  3. 筋トレ

    筋トレ中に吐き気がする原因は何か

    最近筋トレ中に気分が悪くなり吐き気さえ起きる時があります。ほ…

  4. 筋トレ

    筋トレ初級者から中級者へ!変更すべき筋トレのスケジュール

    筋トレを始めた4年目になります。先週土曜日の登山で下半身の筋肉痛が少…

  5. 筋トレ

    国分寺のジムでのトラブル

    昨日、今日と登山日和だったようでしたが、ネットライティングで…

  6. 筋トレ

    下半身の筋トレで右脚の大腿四頭筋より左脚の方がパンプアップする理由

    毎週筋トレをしていると自分の体の変化に気づくことがあります。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP