筋トレ

ダンベルプレスで42kgの挙上したトレーニーを初めて見ました

アイキャッチ画像:smartlog

季節柄暖かくなりジムでいつものトレーニングをしてもより汗が多く出るようになりました。筋肉は温度が高くなれば柔らかくなる特性があるので気温が暖かいの方が身体運動にはいいのです。

ただし蒸し暑さがなければの話ですが。

昨日の筋トレで若い男性のダンベルプレス を見て非常に驚きました。

そのわけは….

ダンベルプレスで42kgのダンベルを挙上するトレーニー

昨日は大胸筋と脚の筋トレの日でした。いつもの時間にフリーウエイトコーナーに行くと先客がおりベンチで42kgのダンベルが2個床に置いてありました。

身長178、9cm程のまだ若い男性で年齢はおそらくまだ20代と思いますがインターバルの時間なのかベンチに座ってリラックスしていました。私はおそらくダンベルローをしているのだろうと思っていました。42kgでダンベルローをしているトレーニーは以前にも見たことはありますから。

しかしインターバルが終わってそのトレーニーがやった種目はダンベルプレスでした。42kgのダンベルでプレスをしているのはyou tubeでしか見たことがなかったので非常に驚きました。

ベンチプレスで100kg挙上できる人でも42kgのダンベルプレスは難しいのではないでしょうか。

ゆっくりとですが10回程度やっていました。

その後30kgのイージーバーで三頭筋を鍛えるスカルクラッシャーをやっていました。

いや〜驚いた。

その横で私はインクラインダンベルプレス を26kgでやっていたのです。なんだかなぁ。

こちらはいまだに26kgから重量アップしないダンベルプレス

いつものように18kgのダンベルでアップをして次に24kgでまたアップをしてから26kgでダンベルプレス を開始。

このとき軽く感じるとその上の重量でやるのですが、筋肉(私の脳か)は26kgでも重いと言っているのです。

26kgで4セット。

まあボチボチやるしかありません。

その後ダンベルフライ を22kgでアップ、24kgでメインで5セット。

10回x3セットでは筋肉肥大しないので10回できなくても6〜10回できる重量で4〜5セットはやります。これをやるようになってから筋肉は肥大してきました。

今日の大胸筋はダンベルプレス とダンベルフライを合計9セットやりましたが、他の大胸筋の日は先の種目をもう少し重量を落としてやり(というか挙上できないので)、さらに大胸筋上部狙いでインクラインダンベルプルオーバーを加えます。

まあ、あと1ヶ月なのか半年先なのか分かりませんがいずれ28kgを挙上できるようにはなるでしょう。

ダンベルフライで思いっきりストレッチをしたので左肩にまた軽い痛みが出ました。さらに最近左肘も違和感が出ているので無茶はできません。

何度も言いますが関節は消耗品ですから気をつけないと。自戒を込めて。

並んで100kgと80kgのベンチプレスをするトレーニーを見て

私が筋トレ、トレッドミルを終了してパワープレートで筋疲労回復をはかっているときフリーウエイトコーナーでは2人のトレーニーが並んでベンチプレスをしていました。

両人とも常連で、身長はともに170cm程ですが体重は71、2kgと81、2kg程度と10kgの差があります。

少し細身の方が100kgのベンチプレスをしており太めの方が80 kgでベンチプレスをしていました。

このジムでは100kgのベンチプレスをする人は稀です。基本的に時間帯によりますが午前から午後にかけては高齢な徘徊老人が多いのが特徴なので尚更そう見えるのかもしれません。

おそらく夕方からはもっとバリバリの方が来るのでしょう。

この両人はいつもベンチプレスばかりしていますが、太めの方はたまにスクワットをしている姿も見かけました。この太めの方はその日は80kgでしたが100kg挙上するときもありその日の体調によって変えているのか高重量、中重量と分けて筋トレしているかでしょう。

細身の方がトレーニングベルトをしていなかったのが印象的でした。

途中太めの方は30kgのダンベルでプレスをしていましたが軽そうでした。

この太めの方はときどきダンベルでプレスやフライをしていますがベンチプレスでの調子を整えるためのようです。ただしいつもmaxは100kgでそれ以上の重量は見たことはありません。

全く次元が異なりますが私は26kgの壁でこの方は100kgの壁で悩んでいるのかもしれませんね。

この太めの方の体形は本当にゴムまりのようで胴体が太いのが特徴です。プロのボディビルダーがかつてウエストが太いほどベンチプレスは挙がると言っていたのを思い出しました。

いずれ100kgの壁は超えるでしょう。時間の問題です。無理せずに。

終わりに

42kgでダンベルプレス の挙上は結構なインパクトがありました。それも静かに行っておりどこかの誰かのように全くドヤ顔はしていませんでした。

それほど胸が盛り上がっているようには見えませんでしたが、肩幅があり肩は強そうだなと感じました。下半身の筋肉は普通でした。

いろいろな人がいます。

私自身は筋トレ自体が好きなのですが結果がついてこないのが悩みの種です。

と言っても少しずつは筋肉がついていることが実感できるので良しとしているのです。

継続は力なり、なのです。

懸垂で10kg加重が5kg加重まで落ち込んでしまった原因は?前のページ

増殖する外国人ユーチューバーと多様化する在日外国人と日本人の在り方次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    ジムで見かけた見掛け倒しな人たち

    今日はジムの日です。懸垂やバーベルプルオーバーの調子が悪いの…

  2. 筋トレ

    下半身の筋トレでお尻の下部が痛むのは坐骨結節痛か?

    関東甲信越は6月11日に梅雨入りしました。もうそんな…

  3. 筋トレ

    GW中のトレーニンングジム渋谷店!筋トレに来る様々な人たち

    今年のGWは多くの人にとって10連休でした。仕事によっては全く関係な…

  4. 筋トレ

    思わず首を傾げてしまう高齢者のジムでの筋トレ

    毎週ジムのフリーウエイトコーナーで筋トレをしているといろいろ…

  5. 筋トレ

    筋トレの日数・種目・やり方を変えて以来挙上重量が落ちました

    アイキャッチ画像:ufit週3の筋トレを週4にしても…

  6. 筋トレ

    膝や腰に不安のある人の下半身の筋トレはバックランジ が効果的

    私は現在週3回の筋トレで週2回バックランジ をしています。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP