筋トレ

レッグプレスで左膝裏の痛みがなくなったのは必然か偶然か

東京に緊急事態宣言は出てからもう3週間程経ちました。

その間埼玉のスポーツジムへ遠征してつい先日初めてあのジムにレッグプレスマシンがあると知りました。

私は基本フリーウエイトしかしないのでマシンには関心がなかったのです。

それもシーティッドレッグプレスというのですが、なぜわざわざ「シーティッド」というのかわかりません。なぜなら普通レッグプレスは座ってやるものなので。

ただ違いはシートに座って前にあるプレートを足で押すとシートが後方へスライドするタイプになっています。

私が昔ジムでやったことがあるレッグプレスはシートは固定されており脚を伸ばしてプレートを前方へ移動させるタイプでした。

また一般に筋トレに力を入れているジムでは45°レッグプレスというプレートが床から45°上方に脚を伸ばすように設置されているタイプが普通です。(アイキャッチ画像参照)

しかし埼玉のそれは床と平行に脚を伸ばすタイプになっています。

埼玉のジムにあるマシンがより安全で初心者でもやり易いのでこのシニア向けジムにも設置されているようです。ただし45°レッグマシンに比べてあまり力は入りません。

私は30年近く前にプレートを動かすレッグプレスをやり翌日腰痛になってしまった経験があります。レッグエクステンション、ボート漕ぎでも同様に腰痛になりました。

もともと腰痛持ちで腹筋運動などもってのほかで腰痛対策としてジムのプールで後ろ歩きをしていました。そして大分回復してきたかなと思い筋トレを始めたのですが上記の有様にあってプールに逆戻りをして以来、この非常にマイナーな水中ウォーキングを20年以上続けたわけです。

そのため今回も腰痛になるのではないかと不安もありましたがすでに水中オォーキングをしなくても腰痛にはならずさらに脚を伸ばす方向が上方向ではなく横方向だったので腰椎への負荷が少ないかもと思いトライしてみました。

結果現時点では翌日以降も腰痛になってはいません。しかしそれがトライアルであまり負荷をかけなかったからなのかそれとも骨格的に私に合ったマシンなのかはまだ不明です。

問題なければこのジムではゴブレットスクワットとともにレッグプレスを脚トレ種目に入れてみようと思います。

ダンベルがmax.22kgまでしかないこのジムでゴブレットスクワットをするにはセット回数を増やすしかありませんが、先日は22kgx10回x6セットやったのですが大腿四頭筋があまりパンプしませんでした。

ブルガリアンスクワットやフロント&バックランジの方がまだパンプします。

ただゴブレットスクワットはフルスクワットに近い状態まで腰を落とせるのでハムや臀筋に従来とは違う刺激があり事実大腿四頭筋を除いて筋肉痛になります。

私のような軟弱な脚にはいろいろな刺激が必要なのです。

ただレッグプレスが(ウォーム)アップか脚トレの追い込み用として利用したほうが良さそうです。なぜなら他の脚トレに比べて呼吸が非常に楽だからです。筋肉疲労はしても苦しいという感じはありません。

さらに驚いたのがレッグプレスをやった翌日から以前から感じていた左膝裏の痛みがなくなったことです。

この左膝裏の痛みはもういつ頃からさえ忘れてしまったくらいからなので正直驚きました。

何が良かったのか今もって全く不明です。何か膝周囲の靭帯・腱・筋肉のストレッチに役立ったのか。

人間の体は本当に不思議です。

日中の路上飲酒を見て思ったコロナ禍の東京オリンピック開催の是非前のページ

トップボディビルダーがスクワットで腸脛靭帯炎になるとは驚いた次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    筋トレで起こる肩のインピンジメントの原因とその対処法

    アイキャッチ画像:melos.mediaジムで右肩の…

  2. 筋トレ

    筋トレで見栄で重い重量を挙げてもケガはあっても効果なし

    筋トレをしているといつどの種目で筋肉がついたのかはっきりしな…

  3. 筋トレ

    リタイアしたシニアがジムで肉体改造したいときやるべきこと

    現在50代でこの先会社での先が完全に見えてしまって仕事のモチ…

  4. 筋トレ

    コロナ禍でジム休業後姿を消した人が5ヶ月振りで戻ってきた

    アイキャッチ画像:FNN緊急事態宣言でジム休業後にジ…

  5. 筋トレ

    懸垂に続きディップスも加重5kgx10回x5セット達成!

    先日ワイドオーバーグリップ懸垂で自重10回x5セット達成した…

  6. 筋トレ

    2020年の筋トレを振り返って

    アイキャッチ画像:こんな風にはなりたくないが....…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP