映画

火曜日デーのル・シネマ渋谷宮下で「ホールドオーバーズ」を観て

アイキャッチ画像:映画.com.

久しぶりに渋谷で映画を観てきました。

Bunkamuraル・シネマ渋谷宮下で「ホールドオーバーズ」という映画です。

別段大物俳優が出てくるわけではないのですが私がいい映画だったと記憶が残っている「サイドウェイ」(2004年)の監督アレクサンダー・ペインが作った映画なので観たいと思ったのです。「アバウト・シュミット」も確かこの監督作品だったような。

「ホールドオーバーズ」の超ザックリしたあらすじ

時は1970年代初頭。アメリカ・マサチューセッツ州の全寮制の寄宿学校が舞台。主役の教師ポールは生真面目、頑な皮肉屋で学生ばかりか同僚にも嫌われていました。その彼がクリスマス休暇に家に帰れない学生たちを監督する羽目になってしまいます。

数名の居残り学生のうち何とか家族のもとに帰ることができる学生が続出して最後に残ってしまった学生アンガスと自分の息子をベトナム戦争で亡くした寄宿舎の食堂の料理長メアリーとポールの3人がクリスマス休暇を寄宿学校で過ごす羽目になり、全く別々の人生を歩んできた3人ですが彼らの間に家族関係に似たようなものが生まれてきました。

そしてこの3人の意外な一面が次々に滲み出てくるのでした。これも人生、あれも人生なのです。


主演はポール・ジアマッティ。「サイドウェイ」にも出演しています。

学生役のアンガスは新人です。

鑑賞後の感想

最初学生たちの演技が素人っぽくチープな映画だなと思ったのですが、段々話の内容に自然と引き込まれていきました。主演のポール・ジアマッティはどこかで観たことがあるなと思っていましたが調べてみると色々出ており、私が好きだった「サブウェイ」でも冴えない中年役で出ていたようで「そう言えばいたなぁ」といった目立たない役者です。

この映画の後半から3人のそれぞれの人生が明かされていくのですが、なぜ生真面目なのか、なぜ頑ななのか、なぜ人に嫌われるようなことを口にするのか、なぜ皮肉屋なのか、なぜすぐ問題を起こすのか。

それらにはそれらなりの理由があるのです。訳あってなのです。

親が寄宿学校に自分の子供を入学させること自体、子供からすれば親に嫌われたと考えるでしょうし、他人から見ても子育ての放棄とも受け取れます。

一見元気よく派手に騒いでいてもクリスマス休暇を家族と過ごせないことで精神的ショックを受ける子供たちもいるわけです。

欧米人にとってのクリスマス休暇は日本人の商業主義のお祭りクリスマスよりも多分に宗教的な要素が強いのです。

学校で問題を起こす生徒は訳あってのことです。その訳あってを理解できる教師がどれほどいるのか。ポールも最初は全く理解できなかったのですが疑似家族を演じるようになって初めて自分と似ていると感じるようになりそこで初めて彼を理解し始めたのです。

「嘘はついてはいけない」と自分の生徒にも言っていたのに学生アンガスの両親と面談したときにアンガスのために嘘をついてしまい自分で自分の首を絞めてしまうポール。それは正義感からなのか。それとも15歳で家を飛び出した当時の自分を思い出しアンガスと自分を重ねたのか。子を理解しない親というものに対する憎しみからか。

この監督の作品の好きなところは大掛かりな仕掛けがあるわけでもフランス映画にありがちなわざとらしく哲学的なものの言い方もするわけでもなく、それでいて何か考えさせられるような仕上げになっています。

終わりに

毎月1日が映画の日で入場料が割引になりますが、この映画館はさらに「火曜日デー」といって毎週火曜日は入場料が1200円になると初めて知りました。

監督、主役とも高学歴のせいか映画の中でその知的さ故に皮肉屋になってしまい要領の悪さが目立ってしまう場面が随所に出ていて面白かったです。

平日の午前中とあって観客はほとんど年金生活者で30人くらいしかいませんでしたが、この映画はそれほど観客が増える映画ではありません。超大作でもないし超有名人が出演しているわけでもない地味な映画だからです。佳作です。

それでも私はこういう映画こそもっと多くの人に観てもらいたいなと思うのです。

人によっては考えさせる映画になるでしょう。

体力の消耗を実感する今日のジムトレ前のページ

脚・胸は未だ停滞中だけど背中は40分間懸垂一択で発達しています次のページ

関連記事

  1. 映画

    ジムを休んで新宿ピカデリーで「マッドマックス フュリオサ」

    アイキャッチ画像:映画.com昨夜というより今日の深…

  2. 映画

    新宿武蔵野館で移民問題の映画「バティモン5 望まれざる者」

    アイキャッチ画像:映画.com封切り前から気になって…

  3. 映画

    エルトン・ジョンの自伝的映画「ロケットマン」を観て

    アイキャッチ画像:映画.com久しぶりに映画を観てき…

  4. 映画

    TOHOシネマズ シャンテで「聖地で蜘蛛が巣を張る」を観る

    GW中のせいか映画館も混んでいます。今日は新宿のシネ…

  5. 映画

    新宿シネマカリテで「シアター・キャンプ」を観て

    アイキャッチ画像:映画.com冷たい雨のなか新宿のミ…

  6. 映画

    テアトル新宿で「ケイコ 目を澄ませば」を観てきました

    アイキャッチ画像:映画.com新宿伊勢丹裏のテアトル…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP