筋トレ

高重量でベンチプレスする高齢者と高重量でダンベルプレスする高齢者

アイキャッチ画像:make-inbody

普段ジムで筋トレをしているといろいろな人を見かけます。

また自分にあった筋トレ法を見つけようとほぼ毎日のように筋トレyou tubeを見ています。

その中で高重量のベンチプレスをやる高齢者、高重量でダンベルプレスばかりやる高齢者がいます。

そしてそれぞれの体形が見事に異なっているのです。

面白いですね。

片側30kg台のダンベルでベンチプレスをする高齢者

私のブログでも登場した毎週ジムで見かける60代後半と思われる高齢者が高重量でダンベルプレスをしています。

高重量と言っても私から見た高重量ですが基本的に片側24kg〜40kgでダンベルプレスをアセンダント(軽重量→高重量へ徐々にシフトしていく筋トレ方法)でやっています。

フラットベンチであったりインクラインであったりあるいは20kgのプレートをぶら下げたディップスをやったりして大胸筋を鍛えています。

今まで大胸筋ばかりだったのですが最近はバーベルベントローやワンハンドロー 、つい先日はバーベルバーで懸垂をやっていました。

パワーラックの最上部に懸垂バーがあるのですがあえてバーベルバーでやるところが「俺は他の連中とは違うぞ」と自己アピールしているようにも見えます。あるいは単に小柄なので懸垂バーまで届かないからかもしれません。

しかし不思議なことに一度もベンチプレスをしているところを見たことがありません。

かなりの年数筋トレをしているように見受けられるのですが、先日ロッカー室でまた見かけましたが大胸筋が私の2倍の厚みがありました。いや〜びっくりしました。

以前は広背筋の逆三角形が見えたので大胸筋もか、と驚いたのです。

普段ダブダブのTシャツを着て筋トレをしているので見た目ではわからないのです。

おバカな若い連中だったらもう完全にタンクトップを着て見せびらかす大胸筋です。

以前ブログで少なくとも10年は筋トレしているはずと書きましたがもっとやっていると思います。

道理で30kg台のダンベルで軽々と取っ替え引っ替えベンチプレスをやることができるのす。

ただ全体として可動域が狭くパーシャルリフティングでやっているのが気になりますが。

私のダンベルプレス はフルレンジでやっています。

ベンチプレスで105kg挙上する細身の高齢者

一方、偶然見つけた「じいトレ」というyou tubeでは身長174cm、体重62kgと私と全く一緒の高齢者がベンチプレスで105kg達成の配信をしていました。

このジイさんは私と同じ歳ですが白髪で顔もシワシワ。忌憚無く言えば病み上がりのように見えてどう見ても70歳は超えているように見えます。さらにタンクトップからは胸の盛り上がりは全く見えません。

確かダンベルプレスでも片側30kg以上挙上しているはずです。

この体形でどうして私より挙上できるのか全く理解できないのです。

同じ筋トレでもボディビルダーのように筋肉肥大を狙った筋トレとベンチプレッサーのように筋力アップを狙った筋トレがあります。

じいトレの高齢者はベンチプレッサーのように全身を使った筋トレ方法に優れているのかもしれません。その分筋肉肥大は少なくなります。

毎週ジムで見かけるゴムまりのような体形、つまり弾力性があるような体形、たくさんの筋肉の上に脂肪が乗っかっているような30歳前後の男性を思い出します。

この男性も大胸筋の筋トレはベンチプレス一択ですが少し前まで90kg台でしたが最近は100kg挙上しています。

以前フルスクワットで90kg、デッドリフトでも確か100kg超えしていたのではないでしょうか。

ある海外で活躍するボディビルダー曰く、「ベンチプレスはウエストが太いほど挙上できるんだよ。」と動画で話していたのを思い出します。

この30歳前後の男性はまさしくそれに当てはまり身長は170cm程ですが体重は80kgはあるでしょう。ウエストも90cmを超えているはずです。太もももぶっといですよ。

この体形でようやくベンチプレス100kgなのになんで体重62kgのジイさんが 105kg挙上できるのか全く理解できないのです。

私はベンチプレスをしないので技術的なことはわかりませんがこのことがどうにも不思議で仕方がありません。

大胸筋の肥大にはベンチプレスよりもダンベルフライが効果的

上記の高齢者の体形比較でもわかるように大胸筋肥大にはベンチプレスよりもダンベルプレス 、さらにダンベルフライがより効果的なのはもはや筋トレ界の常識です。

私もダンベルプレス は一切やらずダンベルプレス、ダンベルフライに特化しています。

それでもなぜダンベルプレスをやる人が後をたたないのか個人的に不思議で仕方がありません。

パワーリフター、ベンチプレッサーになりたいのであればわかりましが、ジムにきている人たちがそうなりたくてベンチプレスをしているとはとても思えません。

そこはやはり男の見栄なのでしょうか。

ベンチプレスで100kg挙上できた、150kg挙上できたと自慢したいのでしょうか。

ベンチプレスは大胸筋の種目ですがサブで上腕三頭筋、三角筋前部にも効きます。

しかしバーベルのバーが邪魔をして深く下ろせないのが玉にキズなのです。

ダンベルプレス の方が深く下ろせるので大胸筋の可動域が大きくなります。

さらにダンベルフライ は大胸筋を最もストレッチさせるので一番肥大には効果的と言われています。

実際私自身がやってみてベンチプレスなど一切しなくともダンベルプレスとダンベルフライ の組み合わせで大胸筋が大きくなってきました。

最もダンベルフライも効かせるまで時間がかかりましたが。

私が目指す体形は…

私の理想の体形はこのブログでも何回も書いていますがアスリートのような体形でそれも100m走者のような体形です。

ボディビルダーのような体形でもベンチプレッサーのような体形でもありません。

全身に瞬発力のある筋肉がバランス良くつき、それでいて動ける身体が私の理想の体形なのです。

それでも上記2人の高齢者のどちらかを選べと言われれば当然前者の大胸筋が大きい方を選択します。

ベンチプレスで105kg挙上できてもあのような体形ではお話になりません。

見た目も大事になるのですから。

私の身体は上半身はともかく下半身は太ももがあまりにも細いのです。

幾つになってもTシャツにハーフパンツで外出できる体形でいたいのです。

それでいて登山ができて走ることもできる身体。

欲張りですかね。

終わりに

いつになったらあのように大胸筋がでかくなるのでしょうか。

いつになったらウエストが75cmになることができるのでしょうか。(現在79〜80cmをウロチョロ)

いつになったらハーフパンツで外出できるような太い太ももができるのでしょうか。

いつになったらどの山でもサクサク登ることができる心肺機能をつけることができるのでしょうか。

食事内容や筋トレ方法を少しずつ変え試行錯誤の日々です。

この歳で無理をすると取り返しのつかないケガの元になるのですが筋トレはチョイ無理をしなければ期待に応えてくれないときもある厄介な個人技でもあるのです。

しかし凡人にできることは「継続すること」だけなのです。

ジムのフリーウエイトであの不快な音を出すマナーの悪い人を注意する前のページ

どうして日本の政治家は愚行を繰り返すのか次のページ

関連記事

  1. 筋トレ

    左肩周辺の筋肉痛の原因は無理なストレッチとオーバーワーク

    現在左肩周辺の筋肉痛がありその原因を考えていたのですが、おそらくオー…

  2. 筋トレ

    筋トレで起こる肩のインピンジメントの原因とその対処法

    アイキャッチ画像:melos.mediaジムで右肩の…

  3. 筋トレ

    体重微増・レッグエクステンション重量微増・レッグプレス重量微減

    今日は登山から2日後の筋トレ日です。23km、6時間…

  4. 筋トレ

    下半身の筋トレ量が別次元!160cmx60kgのボディビルダー

    アイキャッチ画像:日本クラス別ボディ選手権の豊島悟選手…

  5. 筋トレ

    非常事態後営業開始したジムはマスク着用・私語厳禁で閑散?

    東京都のステップ2にスポーツジムが追加されて今日からジム解禁…

  6. 筋トレ

    ジム解禁になって2回目の筋トレ!下半身中心の今日はまさに苦行

    今日はスポーツジムが営業解禁になってから2回目の筋トレです。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP